Now Loading...
line

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより平成29年12月号

date2017年12月1日

地主神社メールマガジン登録は右のサイドバー上部からどうぞ。
バックナンバーはこちらへ。

*******************************

◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
京都地主神社だより
~平成29年12月号~
NO.202 平成29年12月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


◆今月のご案内


 

▼今月の宮司の言葉

今年も残すところわずかとなり、来年の目標を考える時期となりました。12月に今年1年の振り返りと、新たな目標を立てることは、新年を迎えてからのスタートダッシュのためにも有効なことだと思います。

目標を立てたのはいいけれど、3日坊主で終わった、という人は多いのではないでしょうか。その原因には、目標ではなく、手段に固執してしまったことが考えられます。例えば『アメリカに留学する』と目標を立てて、そのために『1日30個の英単語を覚える』ことをノルマにした。1~2日目はやる気満々で取り掛かれたけれど、3日目は何かと忙しくて、気づいたら夜になり、「明日がんばればいいか」と思って寝てしまった。そうこうしているうちに何日かが経ち、できない自分がいやになって落ち込んでしまい、テキストを開くことすらやめてしまった…。いかがでしょうか。これは目標に対するノルマが大きすぎたと思いませんか?

「着眼大局、着手小局」という言葉があります。これは、物事を大きな視点から見て、小さなことから実践するという意味です。『アメリカに留学する』という目標は「大きな視点」、それに対して『1日30個の英単語を覚える』は具体的なノルマですが、負担が大きかったから続かなかったのです。これを『1週間で30個』とか『1日5個』にすれば、小さな挑戦なので、実践できそうではありませんか?小さな積み重ねなら、継続もしやすく、3日坊主も防げます。もし、3日坊主になったとしても、大きな視点に立ち戻れば、また具体的な行動に戻すことができます。

とはいえ、1年間がんばることは、なかなか難しいものです。そんなときは神さまのもとを訪れて、今年無事に過ごせたお礼と、来年の決意を伝えてください。そうすればきっと、あなたを応援してくださることでしょう。

 

▲目次へ

 

▼行事のお知らせ

  • しまい大国祭 12月3日(日) 祭典午後2時
     

  • 大祓祭 12月31日(日) 祭典午後3時
  •  

    平成30年新春初詣

     

  • えんむすび初大国祭 1月1日~3日 祭典午後2時
  •  

  • 月例祭 えんむすび地主祭り 1月7日(日) 祭典午後2時
     

    えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
    祭典ご参加の方に開運こづちを無料授与致します。

     

    それぞれのお祭りについて詳しくは、こちらへどうぞ

 

▲目次へ


▼今月のトピックス

◇2018年版「お正月特集ページ」アップ

地主神社ホームページに「お正月特集」2018年版をアップしました。
「2018年恋愛占い」では新年の恋愛運も占えます。是非、ご覧下さい。

京都地主神社お正月特集ページ

 

◇年末年始・初詣 参拝時間のお知らせ

平成29年12月31日~平成30年1月3日の、大晦日、お正月三が日の参拝時間も平常通り午前9時~午後5時となります。
31日夜から1日早朝は閉門となっていますのでご注意下さい。
お正月三が日午後からは混雑が予想されます。初詣には午前中のご参拝をおすすめします。

 

▲目次へ

▼海月ルイの京都ラビリンス

◇「八坂通り」

 今年も師走となりました。

 2020年は東京オリンピック開催ということで、東京はもちろん、大阪、京都など観光都市はなんだかすごく盛り上がっています。とくに、宿泊施設については「建築ラッシュ」と言われているほどで、いろんなところで工事をしています。

 外資系の豪華ホテルからリーズナブルなビジネスホテルまで、ここ最近いろんなホテルが開業し、さらにまた建築されているのです。

 それでも宿泊施設が不足しているとのことで「民泊」なるものが増えており、マンションやアパートの一室を利用したり、空き家、空き店舗を改築して営業を始めたりと、市内でもずいぶん見かけるようになりました。

 京都市内の街並みはかなり変化しています。

 東山区には電話局があったのですが、「祇園電話局」と呼ばれており、八坂通りに建っていました。

 地元民は「祇園電話局」と呼んでいましたが正式には「祇園電報電話局」というそうです。

 現在では電報というと、慶弔の際くらいしか使われることはなくなりましたが、昭和三十年前後までは緊急連絡方法は電報が主で、電話よりむしろこちらが主力業務だったのです。

 建仁寺の南側になりますが、このあたりを舞台に、十年ほど前、掌編小説を書いたことがあります(中日新聞掲載)。

 が、この祇園電話局もなくなってしまいました。跡地には大きなホテルが建っています。傍には電話局所有のテニスコートがあったのですが、こちらは駐車場になりました。

 今や八坂通りには、料亭、高級居酒屋、和風レストランが次々と開店し、昔とはすっかり景色が変わってしまっています。

 新しく建ったものもあれば、昔からの民家やお屋敷を改築して店舗にしたものも数多くあります。

 電話局の傍に松原警察署の署長官舎があったのですが、これも取り壊され、現在は高級天麩羅屋になっています。近くにあった松原警察署もなくなり、マンションになっています。

 通りを歩くと、その変化に驚きます。ほんの十年ほど前までは民家ばかりが立ち並ぶところだったのですが。

 わたしが子供の頃、建仁寺勅使門の前に歯科医院がありました。

 ずいぶんおじいさんのドクターで、奥様が助手をしておられました。診察室は二階にあり、待合室の窓から八坂通りが見えます。日頃は下から見上げる勅使門が上から見えて、いつもと違う景色なので楽しかったのを憶えています。

 歯科にかぎらず、この頃の医院は、昔ながらの京都の町家で開業しているところが多く、この歯科医院も趣きのあるお宅でした。

 現在、この歯科医院は版画屋になっています。内装はずいぶん手を入れたと思いますが、外観や造りはほとんど昔のままです。

 歯科医院は版画屋になり、民家は飲み屋になり、邸宅は料亭になり、八坂通りの静かな佇まいはなくなってしまいました。

 昔なら、店舗といえば唯一あったのが質屋です。子供の頃は、この「質屋」なるものがどういう商売であるのかわからず、非常に不思議な存在でした。

 表には「質」とデカデカと書かれた看板があり、入口にはえらく大きな暖簾もある。

 なので、民家ではなく、何らかの営業活動をしている店舗らしいと子供にもわかるのですが、しかし、客が出入りするのを見たことがない。よって、繁盛しているとも思えない様子なのに、店の経営は存続している。

 店構えは立派で、暖簾も年季が入り、世にいう「老舗」の風格を漂わせているのです。けれど、そこは料亭ではないし、老舗和菓子店でも呉服屋でもない。いったい、これは何を生業としている店舗なのか。

 子供の目にはまことに不思議なトワイライトゾーンでした。

 今思うと、出入りする人は人目につかないように、時間帯その他に気をつけていたのでしょう。

 現代のように、ネットオークションや個人取引もない時代ですから、何かを現金化しようと思ったら、質店にいくしかなかったのですね。

 そんな質屋もとうになくなっています。夜になると、八坂通りでは旅館や料亭、飲食店の灯が煌々とともり、それはそれは賑やかで明るく、質屋にこそこそと出入りできるような環境ではなくなりました。

 八坂通りが静かな佇まいをみせていたのは、もう十年、二十年も前のことになってしまったのですね。

 京都に限らず、都市部では景色がどんどん変わっていきます。新しい建物や店舗ができて雰囲気も変わり、昔はどんなものがそこにあったのか思い出せなくなってしまいます。

 わたしは、八坂通りの景色については、詳細かつ正確に記憶しているつもりだったのですが、質屋の跡地に何ができているのか、今ふと考えて思い出せなくなっているのに気づきました。

 歯科医院の隣に質屋があったのですが、その後はどうなったのか。たぶん、普通の民家になり、何の店舗にもなっていなかったと記憶していますが。また、八坂通りを歩いて確認してみます。

 それでは、本年は今号で最後となります。平成二十九年も終わりです。

 今年も御高覧賜り、ありがとうございました。

 良いお年をお迎えください。

 

◇海月ルイ(うみづき・るい)

京都市出身
第五回九州さが大衆文学賞受賞「シガレット・ロマンス」
第三十七回オール讀物推理小説新人賞受賞「逃げ水の見える日」
第十八回サントリーミステリー大賞優秀作品賞受賞「尼僧の襟」
第十九回サントリーミステリー大賞・読者賞ダブル受賞「子盗り」

 

 
◆◆12月の海月ルイ インフォメーション◆◆

  • 「親と子のこころの風景2 今日はちがうよ」(愛知県教育振興会発行)
    エッセイ掲載。問合せTEL052-961-8501
  • 徳間書店モバイル http://tokuma.to/
    京都祇園迷宮事件
    京都迷宮事件簿 薄い月
    http://tokuma.to/personinfo/personinfo.8ing?pid=88
  • 文藝春秋「文春ウェブ文庫」て゛「子盗り」「プルミン」
    「十四番目の月」刊行。
    http://www.bunshunplaza.com
  • 文藝春秋より「十四番目の月」文庫化。
  • 文藝春秋より「ローザの微笑」

    赦すことで女は浄化され
    赦されることで男は泥に沈む。
    渾身の書き下ろし文藝春秋より発売中。

  • 「京都迷宮事件簿 薄い月」徳間書店より発売中。
  • 「京都祇園迷宮事件」徳間書店より発売中。
  • 「プルミン」が文藝春秋より文庫化されました。
  • 2005年日本国際博覧会『愛・地球博』記念
    「万博百景集」にエッセイ掲載。
    発行(財)2005年日本国際博覧会協会・中日新聞
    問い合わせ・中日新聞文化事業部
    TEL 052-221-0729
  • サントリーミステリー大賞受賞作品「子盗り」が文藝春秋より文
    庫化されました。
  • 「別冊文藝春秋」に連載されていた「十四番目の月」が文藝春秋
    より単行本化され発売中。
    京都を舞台にした誘拐劇。果たして犯人はどうやって身代金を強
    奪したのか?
  • 「烏女」(からすおんな)双葉社より全国書店で発売中。

 

(無断転載を堅く禁じます。)

 

▲目次へ

▼今月のご利益別運勢占い

 ●1月生まれ
 恋愛運:期待とは違うかも
 金 運:欲しいものをプレゼントされる
 学び運:パソコン関連の学びを
 健康運:ハンドクリームをこまめに塗って

 ●2月生まれ
 恋愛運:期待はずれな展開かも
 金 運:お得な買い物ができそう
 学び運:学び用の音楽で集中力アップ
 健康運:肌荒れ防止にクリームで保湿を

 ●3月生まれ
 恋愛運:友だちから恋愛に発展するかも
 金 運:おつき合い費がかかりそう
 学び運:体験教室に行ってみて
 健康運:サイクリングで体力を

 ●4月生まれ
 恋愛運:意中の人との関係が深まる
 金 運:お小遣い帳をつけて
 学び運:自分に合った勉強法が見つかる
 健康運:手洗いで風邪の予防を

 ●5月生まれ
 恋愛運:恋は身近にあるかも
 金 運:おつき合い費は控えて
 学び運:学びの計画を立てよう
 健康運:夕食は腹八分目で

 ●6月生まれ
 恋愛運:次に目を向けるときかも
 金 運:ごちそうになる機会が
 学び運:自己啓発を学んで
 健康運:ヘアスタイルを変えて気分が上がる

 ●7月生まれ
 恋愛運:あきらめる時期かも
 金 運:お小遣いが増えそう
 学び運:来年の目標を立てて
 健康運:髪形を変えて気分一新

 ●8月生まれ
 恋愛運:期待とは違う結果に
 金 運:クーポンでお得になる
 学び運:資格の勉強を
 健康運:音楽で癒しを

 ●9月生まれ
 恋愛運:恋はすぐ近くにある
 金 運:趣味にお金がかかるかも
 学び運:友だちと一緒に学んで効率アップ
 健康運:腹巻で冷えを解消

 ●10月生まれ
 恋愛運:意中の人と仲良くなれる
 金 運:お小遣いがピンチに
 学び運:新しい分野の学びを
 健康運:鍋を囲んでほっこりと

 ●11月生まれ
 恋愛運:好きな人と急接近
 金 運:節約することを考えて
 学び運:早朝に学ぶ習慣を
 健康運:お菓子の食べ過ぎに注意

 ●12月生まれ
 恋愛運:素敵な人からのアプローチが
 金 運:予想外の出費がありそう
 学び運:趣味の学びを
 健康運:加湿器で乾燥対策を

 

▲目次へ


〇編集後記 相撲は歴史的にも神社とは関わりが深く、国技であるにふさわしいものであってほしいと願います。大相撲の力士が日本人でなければならないとは思いませんが、すべての力士に相撲の歴史について深く理解してもらいたいと思います。日本の武道すべてにあるような、スポーツの勝ち負けとは違った精神性を、日本人は相撲にも求めているのだ、ということを是非理解して頂きたいと思います。そうすれば横綱の見苦しい物言いや、粗暴な振る舞いなどはなくなるのではないでしょうか?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
編集・発行 :

世界文化遺産 京都地主神社 Kyoto Jishu Jinja Shrine
参拝時間 午前9時~午後5時
http://www.jishujinja.or.jp/
e-mail webmaster@jishujinja.or.jp
モバイルサイト http://www.jishu.jp/
地主神社LINE@アカウント(@jishujinja)
Twitter 地主神社公式ページ http://twitter.com/jishujinja
Facebook 地主神社公式ページ http://www.facebook.com/f.jishujinja

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

京都地主神社
メールマガジンの登録

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ