えんむすびの神さま 京都地主神社
参拝時間 午前9時~午後5時

メイン

バックナンバー

京都地主神社だより~平成14年4月号~号外

2002年04月08日メルマガ

============================================
           京都地主神社だより
          ~平成14年4月号号外~
       NO.011 平成14年4月8日発行 発行部数:455
============================================
———————————————————
        ◆号外のご案内
          ▼花だより更新
———————————————————
▼花だより更新
 
 4月は桜を中心にいろいろな花が咲いています。
 八重桜系はどれもソメイヨシノなどよりおくれ例年4月中下旬
 に開花するのですが、今年はほとんど開花の時期が同じに
 なりました。
 近くにお越しの際は、ぜひお寄りください。
 HPにそれぞれの花の写真を掲載しています。
 ぜひご覧下さい。
 
 ・「ソメイヨシノ」(4/1の写真)
  4/1時点で付近のソメイヨシノもすべて満開となりました。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/somei.htm
 
 ・「地主桜」(4/1の写真)
  八重桜系のなかでも最も遅くに開花するのですが
  今年は約3週間早く、最初に開花しました。大変異例の事で驚いています。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/jsakura.htm
 
 ・「梨」(4/1の写真)
  梨の花もなかなか美しいものです。もちろん実がなれば
  食すこともできます。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/nashi.htm
 
 ・「黄桜」(4/4の写真)
  黄色で八重咲きの桜。例年は地主桜よりこちらの方が先に咲くのですが、
  今年はこちらが後になりました。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/kizakura2.htm
 
 ・「朝日山」(4/4の写真)
  八重咲きで低木の桜。盆栽にされることもある品種。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/asahi.htm
 
 ・「八重桜」(4/4の写真)
  御室桜系の八重桜、これもあまり大きくならない品種。
 
 ・「八重桜(02-02) 」(4/4の写真)
  大阪造幣局の通り抜けなどでみられる八重桜。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/yae.htm
 
 ★花だよりとしてHPでコメントと写真を公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
 
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→花だより
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=
〇編集後記
  今年は早い桜の開花で春の訪れが慌しくやってきたように
  感じます。
  花だけでなく、木々の若葉の芽吹き始めています。(H)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=

京都地主神社だより~平成14年4月号~号外|メイン

京都地主神社だより~平成14年4月号~

2002年04月01日メルマガ

============================================
           京都地主神社だより
            ~平成14年4月号~
       NO.010 平成14年4月1日発行 発行部数:446
============================================
——————————————————–
        ◆今月のご案内
          ▼今月の宮司の言葉
          ▼行事のお知らせ
          ▼神様の基礎知識--カミダス
           ◇女性の憧れ 巫女さん---シャーマニズム
          ▼花だより
——————————————————–
▼今月の宮司の言葉
 
今月の宮司の言葉
 
季節は春、桜の季節がやってきました。地主神社では毎年4月
第3日曜日に、「えんむすび祈願さくら祭り」を執り行います。
今年は、4月21日となり、多数のご参拝をお待ち申し上げます。
古来地主神社境内には、八重一重が同時に咲く日本唯一の珍種
地主桜がありましたが、戦前に老木のため枯れてしまいました。
戦後、京都円山公園の枝垂れ桜の植栽でも有名な佐野籐右衛門氏が、
東京の神代植物園で発見され、地主神社に植樹奉納していただきました。
毎年八重一重が美しく咲き誇り、多くの参拝者の目を楽しませており、
佐野氏には大変感謝致しております。
平安時代には、花使いの白川女が、毎年地主桜を御所に献上していた
歴史があり、格調の高い、気品のある桜です。
嵯峨天皇の行幸(お越しになられた)の際、この桜の美しさに
3度御車を返された故事により、別名を「御車返しの桜」とも
呼ばれるようになりました。
謡曲「田村」「熊野」など数多くの中世の文学にも登場します。
また松尾芭蕉の師、北村季吟先生など次のような名句が残っています。
 
  地主からは 木の間の花の 都かな   北村季吟
 
  京中へ 地主の桜や 飛胡蝶       宝井其角
 
さくら祭り祭典中、地主桜の下、宮司がこの句を朗詠致します。
皆々様にはこのご神威の輝く、由緒あるこの祭典に是非ご参加いただき
縁結び、開運招福を、お祈りください。
 
            地主神社宮司   中川 平
 
 ★「今月の宮司の言葉」のバックナンバーはHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→神社だより→今月の宮司の言葉バックナンバー
 
▼行事のお知らせ
 
 ・えんむすび地主祭り 平成14年4月7日 祭典午後2時~
 ・えんむすび祈願さくら祭り 平成14年4月21日 祭典午前10時~
 ・えんむすび地主祭り 平成14年4月21日 祭典午後2時~
 ・例大祭地主祭り   平成14年5月5日
       午後1時神幸列(神官、巫女、白川女、雅楽)本殿前出発
       清水道、三年坂、二年坂、茶わん坂を、武者、稚児、御輿
       と共に巡行、その後地主神社に戻り、祭典
 
 ★えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
  「縁のふしぎ」などの宮司のお話がございます。
  お祓いを受けた方に開運こづちをプレゼント!
 
 ★それぞれのお祭りについて簡単な説明と写真がHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→年中行事
 
▼神様の基礎知識--カミダス
 
◇女性の憧れ 巫女さん---シャーマニズム
 
神社というと、女性の方は、まず「巫女」さんをイメージされることも
多いのではないでしょうか。
白衣に緋の(赤色の)袴という衣装を一度は身につけてみたいという方
も少なくないと思います。
この巫女さんの源流をたどると「卑弥呼」に辿り着くと言われています。
卑弥呼は呪術、占いによってまつりごと、政治を行った古代の日本、
つまり邪馬台国の統治者、権力者でもありました。
今風に言えば、非常に強い霊能力をもった総理大臣というところ
でしょうか。
霊能力者とは、神や霊の声を聞く(神がかる)ことができ、それを
人々に伝えることのできる人とをいいます。
古代のこのような能力をもった人のことを学術的に「シャーマン」といい、
こうした人が司る宗教を「シャーマニズム」といいます。
現在でも、恐山の「イタコ」や沖縄の「ノロ」や「ユタ」と呼ばれる
人も、このシャーマンにあたります。
神社に奉職する人を神職といい現在ではほとんどが男性で、神道に
おいては、過去にはむしろ男尊女卑の風潮もありました。
(現在ではそのようなことは少なくなってきています。)
しかし、神職の源流も「神がかり」した人々であり、卑弥呼の様な
女性であったのです。
「シャーマニズム」も神道を理解するための重要な用語といえます。
 
(補注、卑弥呼の実像に付いては、諸説があります。
 邪馬台国論争とも絡み、議論されています。
 機会があれば、取り上げたいと思います。)
 
 ★前回の内容については、バックナンバーでご覧下さい。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000075839
 
▼花だより更新
 
  今年は、桜の開花が例年よりかなり早いため、昨年の開花時期とは
  かなり異なっています。
  ぜひ、早めのお越しをお待ちしております。
  どれだけタイムリーにお知らせできるかちょっと不安もありますが、
  また開花状況を号外としてお知らせしたいと思っています。
 
 ・「地主桜」
  例年4月中下旬に咲く地主桜が明日にも開花しそうです。
 
 ・「ソメイヨシノ」
  満開になりました。
 
 ・「フジモドキ」(3/30の写真)
  チンチョウゲやミツマタと近い種で上品な紫色の花を付けます。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/fuji.htm
 
 ・「タチバナ」(3/30の写真)
  柑橘類の橘とは無関係。花より赤い実の方に鑑賞価値があります。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/tachi.htm
 
 ・「ユキヤナギ」(3/30の写真)
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/yuki.htm
 
 ・「枝垂れ桃」(3/30の写真)
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/momo.htm
 
 ★花だよりとしてHPでコメントと写真を公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記
桜が4月を待たずに満開となりました。
地主桜も、この付近では最も遅くに開花するのですが、
すでにつぼみがふくらみ、4月早々には、開花しそうです。
こんなに早くに開花するのは、本当に経験のないことで、
職員一同驚いております。4月21日のさくら祭りには、
桜の盛りは過ぎていると思われますが、
神事は、予定通り執り行います。
ご理解賜りご参加いただいきたいと思います。(I)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

京都地主神社だより~平成14年4月号~|メイン