えんむすびの神さま 京都地主神社
参拝時間 午前9時~午後5時

メイン

バックナンバー

京都地主神社だより~平成17年3月号

2005年03月01日メルマガ

                          ◇◆◇ 神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇
==================================================
             京都地主神社だより
             ~平成17年3月号~
            NO.049 平成17年3月1日
==================================================
—————————————————————-
     ◆今月のご案内
        ▼今月の宮司の言葉
        ▼行事のお知らせ
         ▼今月のトピックス
            ◇「季節の絵はがき」春バージョンに
         ▼海月ルイの京都ラビリンス
            ◇「十四番目の月」
         ▼今月のご利益別運勢占い
—————————————————————-
▼今月の宮司の言葉
 
 学生さんなら卒業式や終業式、社会人の方なら人事や棚卸し…。年度末の
 3月は、新年度に向けて何かを一新する時期にあたります。学校や職場の
 環境が一段落する今は、「恋愛上手な人」に生まれ変わる良い機会です。
 恋愛上手な人というのは、ひとことで言えば「いつも新鮮な気持ちでいる人」
 のことをいいます。例えば、大好きな雑貨屋さんを思いだしてみてください。
 いつ行っても同じものが並んでいるお店よりも、行くたびに新しい商品がある
 お店の方が楽しいし、「また行きたいな」と思いますね。人間だって同じです。
 いつも新鮮な気持ちで生きている人ほど、その人本来の素直な明るさが光っ
 て魅力的に見え、「また会いたいな」と思うものです。つまり、良縁に出会う
 チャンスが多くなります。
 
 特に、「出会いがない」「なかなか思いが通じない」と思って悩んでいる人は、
 この考え方を上手に利用してほしいと思います。つまり、何もかもを白紙に
 戻して、今日から新たに出発しよう、という考え方ですね。身近にできること
 で言えば、朝起きて顔を洗う。冷たい水で顔を洗うと、気持ちがスッと引き
 締まります。お肌の新陳代謝をよくする他にも、心を新たにするという意味も
 持っているわけです。昨日は素直になれなかったな、と思った朝には、いつ
 もよりも念入りに洗顔する。こうして、日々新たな心でいることは、神さまの
 お心に近づくことにもなります。どうぞ、明日の朝からでも実行してみてくだ
 さい。さあ、古いこだわりは冬のコートのように脱ぎ捨てて、新しい気持ちで
 心に春を迎え入れましょう。
 
 
    地主神社宮司 中川 平
 
 
 ★「今月の宮司の言葉」のバックナンバーはHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  → http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/mailma/mailma.htm
 
 
▼行事のお知らせ
 
  ・えんむすび地主祭り 3月6日(日) 祭典午後2時
     
  ★えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
「縁のふしぎ」などの宮司のお話がございます。
祭典ご参加の方に開運こづちを無料授与致します。
 
・えんむすび祈願さくら祭り 4月17日(日) 祭典午前10時
                   (午後2時より えんむすび地主祭り)
 
  ・例大祭地主祭り 5月5日(祝)
                 神幸列 午後1時ご本殿前出発
                 祭典   午後2時30分頃ご本殿内にて
 
★それぞれのお祭りについて簡単な説明と写真をHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→年中行事
 
 
▼今月のトピックス
◇「季節の絵はがき」春バージョンに
 
  ご利益ページ「季節の絵はがき」のコーナーが春バージョンに
  なりました。どうぞご利用ください。
  http://jishujinja.or.jp/cgi-bin/greeting/card.cgi
 
 
▼海月ルイの京都ラビリンス
     ◇「十四番目の月」
 
 三月はお雛様です。春の兆しはあるもののまだまだ寒い日が続くのです
が、お雛様を見ると一気に季節が進むような気がします。
 さて、三月十日に文藝春秋より拙作「十四番目の月」が刊行されます。
これは去年、「別冊文藝春秋」に一年間にわたり連載されていたミステリー
小説です。
 現在発売中の「野生時代」三月号(角川書店刊)の「注目作先取りインタ
ヴュー」にも登場しておりますので、ご高覧賜れば幸いです。
 誘拐もので、舞台はもちろん京都です。三歳の女の子がスーパーで誘拐
され、身代金要求の電話が母親のもとにかかってくる。母親は犯人の指示
に従い、京都市内から神戸、大阪と移動し、捜査員達もそれを尾行。しかし、
犯人は決して姿をあらわさない。深夜、憔悴した母親が帰宅するが、持って
いたはずの身代金二千万円は消えていた―――。
というストーリーです。
 作中、主人公の私生活において、嵯峨新宮町が登場します。新丸太町通
を西に向かい、双ヶ丘を過ぎていったあたりです。
 わたしは昔、このあたりに音楽講師として仕事に出向いていました。当時
の生徒達も大半は結婚し、子供もいるという状況で、さすが二十年の歳月を
感じます。(笑)
 嵐山や大覚寺も近く、映画の撮影所も点在するところでして、中京、東山と
はまた雰囲気が違います。嵐電という路面電車も通っていますし、歩いてみ
られるとなかなかおもしろいところです。
 このあたりから嵐電に乗ると、しばしば「知った顔」に会います。「知った顔」
といっても、友人、知人ではありません。近くの撮影所に通う俳優さん達です。
もちろん、スターさんではなく、「その他大勢」ですが、テレビの時代劇などで
見たことのある顔なのでつい目がいってしまいます。(笑)
 そういえばこのあたりは、映画「蒲田行進曲」の撮影にも使われていました。
太秦とその周辺が登場します。
 京都は映画の町でもあります。黄金期には「東洋のハリウッド」とも呼ばれて
いたのです。今はテレビ時代劇の制作が主ですが、しかし京都の撮影所の
スタッフは、映画時代からの伝統と技術を受け継ぐ「職人」達が大勢います。
 彼らが使う言葉は京都弁なのですが、独特の荒気なさや迫力があります。
ロケでもスタジオでも、現場の緊迫感は大変なもので、撮影は時には深夜に
及ぶこともめずらしくありません。出演者もスタッフも真剣勝負です。
 撮影現場で働くスタッフ達の京都弁は格好いいものですよ。照明も音声も
カメラマンも、すべてプロ中のプロで、よい「絵」を撮るために必死です。そんな
彼らの話す言葉はある種の職人言葉といっていのかも知れません。
 ちょっと真似したくなるけれど、でも、普通の人には無理ですね。(笑)
 
 
   ◇海月ルイ(うみづき・るい)
   京都市出身
    第五回九州さが大衆文学賞受賞「シガレット・ロマンス」
    第三十七回オール讀物推理小説新人賞受賞「逃げ水の見える日」
    第十八回サントリーミステリー大賞優秀作品賞受賞「尼僧の襟」
    第十九回サントリーミステリー大賞・読者賞ダブル受賞「子盗り」
 
 
◆◆3月の海月ルイ インフォメーション◆◆
  
  ☆「別冊文藝春秋」に連載されていた「十四番目の月」が文藝春秋より
    三月十日に単行本化されます。
    京都を舞台にした誘拐劇。果たして犯人はどうやって身代金を強奪し
    たのか?
 
  ☆文藝春秋「本の話」四月号エッセイ掲載。
 
  ☆三月七日(月)東京新聞、中日新聞エッセイ掲載。
 
  ☆中日新聞3月25日愛・地球博開幕記念特集にて
日本国際博覧会協会 中村利雄事務総長との対談が
掲載されます。
 
  ☆「野性時代」角川書店刊三月号(2月12日発売)
「注目作先取りインタヴュー」に海月ルイ登場。
「十四番目の月」文藝春秋刊についてのインタヴュー記事です。
 
  ☆名古屋テレビ メ~テレ 「ぱっぱ屋」 18:20~
    毎週火曜日レギュラー出演    (中部地方のみ)
    番組ホームページ
    http://nagoyatv.com/pappaya/syutsuen/index.html
 
  ☆最新刊「烏女」(からすおんな)双葉社より全国書店で発売中。
 
 
    ●海月ルイ 公式ホームページ http://umizuki.tron-net.net/
 
 
                       (無断転載を堅く禁じます。)
 
 
▼今月のご利益別運勢占い
 
 ◆1月生まれ
 恋愛運:友人と新しい趣味を始めてみるとご縁がありそう
 金 運:迷ったら買わずにおくのがいいかも
 学び運:忙しいほどやる気が出て充実した毎日が送れそう
 健康運:規則正しい生活をモットーに
 
 ◆2月生まれ
 恋愛運:憧れのあの人と一気に親密になれそう!
 金 運:そそのかされてウッカリ財布のヒモをゆるめないように
 学び運:好きなことや興味のあることに打ち込んでみましょう
 健康運:こまめなうがいと手洗いがヘルシーの基本
 
 ◆3月生まれ
 恋愛運:あせらず次のチャンスを待ちましょう
 金 運:納得のいくものを安く手に入れることができそう
 学び運:予定の優先順位をつけてメリハリのある毎日を送ろう
 健康運:急な天候の変化に備えて一枚羽織るものを持って出よう
 
 ◆4月生まれ
 恋愛運:甘い空想で片思いを楽しむのも恋の醍醐味
 金 運:限定品やご優待セールにツキがありそう
 学び運:仕事や勉強は集中して取り組めば予定通りに終えられそう
 健康運:新しいアイメイクに挑戦すると気持ちが前向きに
 
 ◆5月生まれ
 恋愛運:素直に思いを伝えることができれば恋はすぐそこ
 金 運:買ってからサイズ違いなどのトラブルがありそう
 学び運:上司や先生には自分の考えを積極的にアピール
 健康運:春うらら、思わず朝寝坊しないように気をつけて
 
 ◆6月生まれ
 恋愛運:今は心の中で熱い思いを深めるのがよさそう
 金 運:プレゼントや譲り受けるモノにツキがありそう
 学び運:予定外の出来事にもスムーズに対応できる予感
 健康運:春野菜たっぷりのヘルシーなメニューを自炊してみては
 
 ◆7月生まれ
 恋愛運:新しい場所や話題のスポットで出会いがあるかも
 金 運:入っただけ出ていきそうなので早めに貯金を
 学び運:いつもは難しいと思うことも順調にこなせそう
 健康運:口コミで知ったダイエット法は試す価値ありかも
 
 ◆8月生まれ
 恋愛運:イベントやライブ会場にマメに足を運ぶとよさそう
 金 運:ウインドウショッピングのつもりがつい購入して後悔するかも
 学び運:無理な計画を立ててしまってミスを連発しそう
 健康運:ハードワークの翌日は栄養や睡眠をたっぷり
 
 ◆9月生まれ
 恋愛運:自分らしさを追求したファッションで注目度アップ
 金 運:おごられ運やプレゼント運がありそう
 学び運:遅れをとっても案外早く取り戻せそうなのでがんばって
 健康運:エクササイズやジムワークを始めてみては
 
 ◆10月生まれ
 恋愛運:社交的で話し上手な彼とご縁がありそう
 金 運:買い物は下見にとどめて「つもり貯金」をしてみよう
 学び運:分からないことは早めに質問して解決しておこう
 健康運:定期的にサウナやマッサージに取り組むとよいかも
 
 ◆11月生まれ
 恋愛運:華やかな色使いのファッションが幸運を呼びそう
 金 運:モノより勉強や思い出作りに投資するとよいかも
 学び運:肩の力が抜けて淡々といい結果がだせそう
 健康運:ダイエットを始めると期待以上の成果があるかも
 
 ◆12月生まれ
 恋愛運:コンパに誘われたら行ってみると出会いがあるかも
 金 運:予算以上の買い物はグッと我慢するのがよさそう
 学び運:図書館や書店で手に取った本から何かがひらめく予感
 健康運:ジュースやサプリより生野菜・生フルーツがキレイのモト
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記 地球温暖化防止を目指した京都議定書がようやく発効しました。
太陽や森といた自然を崇拝する多神教である神道の精神に照らしても非常に
喜ばしいことと思います。いわゆる先進国の中で、日本のような多神教の国は
きわめて珍しいのですが、このことの意義を日本人自身がもっとよく知るべき
ではないでしょうか。(I)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

京都地主神社だより~平成17年3月号|メイン