えんむすびの神さま 京都地主神社
参拝時間 午前9時~午後5時

メイン

バックナンバー

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより平成23年8月号

2011年08月01日2011メルマガ

                      ◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇ 
===================================================
              京都地主神社だより 
             ~平成23年8月号~ 
            NO.126 平成23年8月1日 
===================================================
——————————————————————
      ◆今月のご案内 
        ▼今月の宮司の言葉 
        ▼行事のお知らせ 
        ▼今月のトピックス 
          ◇「季節の絵はがき」夏バージョンに
        ▼海月ルイの京都ラビリンス 
          ◇「六道さん」 
        ▼今月のご利益別運勢占い 
—————————————————————— 
今月の宮司の言葉  
 
 じりじりと照りつける太陽、外にいると溶けてしまいそうな暑さがやって
 きました。この暑さで、夏バテ気味の人も多いと思います。体が疲れてい
 るだけではなく、心まで疲れてしまうと、本当にやりたいことまで見失っ
 てしまうので、夏休みを利用して、自分の心をチェックしてみてはいかが
 でしょうか。

 自分の夢を実現するということは、何よりも優先させることのはずなのに、
 疲れてしまうと、ついつい後回しにして、後悔する…そんなことはありま
 せんか?夢を実現するための過程は、誰かに提出したりするわけではなく、
 自分ひとりで行うことなので、そうなってしまいがちです。加えて、目先
 のことをこなすのに翻弄されていると、わずかな努力でも大変な疲れを感
 じるものです。

 例えば、甲子園で高校野球児が炎天下の中、プレーしても元気でいられる
 のは「悔いを残したくないから一生懸命やる」という気持ちや「優勝する」
 という夢があるからでしょう。このように、必死で目標に向かっていれば、
 過酷な状況で肉体的には疲れても、精神的に疲れることはなくなるのです。
 それは、努力したことで精神的に充実感が得られるからです。

 今月は、夏休みの月。帰省や旅行など、いつもと違う場所で過ごす人も多
 い事でしょう。日常を少し離れて過ごすときは、自分を見つめ直す良い機
 会だと私は思います。この機会に、夢に向かって悔いのない体制づくりを
 考えてみましょう。夢に向かう火が消えそうなら、再点火するときです。
 そうすれば、花火のように美しい光が見えてくることでしょう。それでも、
 まだ心の疲れが癒えないときには、神さまのもとを訪れて夢の再確認をし
 てください。神さまはきっと、あなたの夢を後押ししてくださいます。

 
              地主神社宮司 中川 平 
 
 
    ☆バックナンバー ご利益ページ「お告げ」平成23年掲載分へ 
 
    ☆ホームページ「今月の宮司の言葉」平成23年掲載分へ 
 
                                   ▲目次へ 
 
行事のお知らせ 
 
  ・月例祭 えんむすび地主祭り  8月7日(日) 祭典午後2時 
 
     ★えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。 
       「縁のふしぎ」などの宮司のお話がございます。 
       祭典ご参加の方に開運こづちを無料授与致します。 
  
  
     ☆それぞれのお祭りについては、「季節のお祭り」へどうぞ 
 
                                   ▲目次へ 
 

今月のトピックス 
 
    ◇「季節の絵はがき」夏バージョンに
 
  地主神社ホームページ「恋愛の神様 ご利益ページ」の「季節の絵はがき」
  のコーナーが「夏バージョン」になりました。どうぞご利用下さい。
 
    → 「季節の絵はがき」へ    
 
 
                                   ▲目次へ 

海月ルイの京都ラビリンス 
    ◇「六道さん」
 
 東山区に六道珍皇寺があります。地元では「六道さん」と呼ばれてい
ます。
 例年、八月六日から九日にかけて、「御精霊さん迎え」があります。
「御精霊さん」は京都では「おしょらいさん」と呼びます。
 それぞれの家のご先祖様をお迎えする行事です。が、子供達にとって
はそれは二の次で、「六道さん」はまさに「お祭り騒ぎ」です。連日、
友人達と通いつめて盛り上がるのです(笑)。
 縁日が目的なのですが、近辺には六波羅蜜寺や西福寺等があり、これ
も盛り上がるポイントです。
 それぞれの寺院には、この時期にのみ公開される絵画、美術品等があ
るのですが、子供達が盛り上がるのはなんといっても地獄絵です。
 六道珍皇寺では寺院のなかではなく、小さな小屋のようなところで展
示しますが、これがいつも黒山の人だかり。
 一人の人間が赤ん坊として生まれ、幼児期、青年期、壮年期と経て、
やがて老人となって死に至るところがまず描かれています。死者は閻魔
様の判定を受け、地獄、極楽に振り分けられます。
 で、地獄の様子が詳細に描かれているわけです。針の山、血の池地獄
等、定番メニューが並び、鬼にどやされながら受ける拷問の数々がこれ
でもかと、生々しく描かれています。
 西福寺の絵画は、さらにリアルで秀逸でした。子供の目から見ても、
表現力、描写力が卓抜しています。と、思っていたら、なんとこの絵は、
あの円山応挙の筆によるものと、成人してから知りました。ある意味、
これほどの贅沢はありませんね(笑)。
 さて、西福寺では地獄絵も秀逸ながら、無常観をテーマにした絵画も
いくつか展示されます。
 わたしが子供の頃は、近所のお年寄が誰に頼まれることもなく、絵の
解説をしているのが常でした。
 とても美しい女性の絵画があるのです。平安時代の貴族階級の女性で
すから、長い黒髪で、赤い装束を身につけています。次の場面では、女
性が病に伏し、亡くなってしまうところが描かれています。傍には、女
性の娘らしき人が泣き伏しています。
 次の場面では、この女性の遺体が野に晒されています。死体の腹部が
膨れ、顔は骸骨と化し、まるで化け物のようです。さらに次の場面では、
死体には蛆がわき、肉は鳥や獣に食われ、どんどん朽ちていく様子が順
を追って描かれていきます。
 わたしの記憶では、老人がこう解説していました。
「こんな綺麗なお姫さんでも、死んだらこういう姿になるのやで。この
人は偉い人でな、世の無常観を人に教えるために、自分が死んだら、死
体を野に晒せと言うて死なはったんや」
 しかし、子供に「無常観」など理解できるはずもなく、なぜこのよう
な美しい貴婦人がわざわざ醜悪な死体を人目に晒すのか、まったくもっ
てわけがわかりませんでした。
 それよりは、死体にわく蛆や、骨になって朽ちていく様子が怖くて怖
くてなりません。しかし、やっぱりどうしても見たくてたまらず、飽か
ずに眺めていたものです。
 前述したように、今思えば、これは大変な「贅沢」でした。
 歴史に名を残す絵師が「無常観」をテーマに描いた渾身の作品を毎年、
間近で見ていたのですからね。
 本来なら国立の美術館か博物館で厳重管理され、入場料を支払って展
示用のガラス越しに鑑賞するべき逸品を、近所の悪ガキやハナタレが、
「すげえ~」などと言いながら、どらえもんのポスターでも見るように
至近距離で見ていたのです。
 この近辺で生まれ育った子供達の死生観は、間違いなくこれらの絵画
に影響を受けていますし、培われています。おそらく、それらは生涯変
わることはないと思います。
 はい。わたくしも、この逸品をそれと知らず、「すげえ~」と感心し
ながら見ていたハナタレの一人でした。まことに贅沢の極みと、先人に
感謝しております。

 
   ◇海月ルイ(うみづき・るい) 
     京都市出身 
     第五回九州さが大衆文学賞受賞「シガレット・ロマンス」 
     第三十七回オール讀物推理小説新人賞受賞「逃げ水の見える日」 
     第十八回サントリーミステリー大賞優秀作品賞受賞「尼僧の襟」 
     第十九回サントリーミステリー大賞・読者賞ダブル受賞「子盗り」 
 

 
◆◆8月の海月ルイ インフォメーション◆◆ 
 
   ☆「親と子のこころの風景2 今日はちがうよ」(愛知県教育振興会発行)
    エッセイ掲載。問合せTEL052-961-8501

   ☆徳間書店モバイル http://tokuma.to/
     京都祇園迷宮事件
     京都迷宮事件簿 薄い月
     http://tokuma.to/personinfo/personinfo.8ing?pid=88

   ☆文藝春秋「文春ウェブ文庫」て゛「子盗り」「プルミン」
     「十四番目の月」刊行。
     http://www.bunshunplaza.com

   ☆文藝春秋より「十四番目の月」文庫化。

   ☆文藝春秋より「ローザの微笑」
      赦すことで女は浄化され
      赦されることで男は泥に沈む。
      渾身の書き下ろし文藝春秋より発売中。

   ☆「京都迷宮事件簿 薄い月」徳間書店より発売中。

   ☆「京都祇園迷宮事件」徳間書店より発売中。

   ☆「プルミン」が文藝春秋より文庫化されました。

   ☆2005年日本国際博覧会『愛・地球博』記念
     「万博百景集」にエッセイ掲載。
     発行(財)2005年日本国際博覧会協会・中日新聞
     問い合わせ・中日新聞文化事業部 
     TEL 052-221-0729 

   ☆サントリーミステリー大賞受賞作品「子盗り」が文藝春秋より文
    庫化されました。

   ☆「別冊文藝春秋」に連載されていた「十四番目の月」が文藝春秋
    より単行本化され発売中。
    京都を舞台にした誘拐劇。果たして犯人はどうやって身代金を強
    奪したのか?

   ☆「烏女」(からすおんな)双葉社より全国書店で発売中。

 
 
                   (無断転載を堅く禁じます。) 
 
                                   ▲目次へ 

 

今月のご利益別運勢占い 

●1月生まれ
恋愛運:嬉しい結果になりそう
金 運:衝動買いに注意
学び運:図鑑で調べれば頭に入る
健康運:夏バテ対策を

●2月生まれ
恋愛運:異性よりも自分の心を見て
金 運:懸賞に応募してみよう
学び運:新たな才能に気づく
健康運:水分補給を忘れずに

●3月生まれ
恋愛運:理想の人に出会うかも
金 運:バーゲンで後悔しないように
学び運:読書に学びのヒントが
健康運:プチ旅行でリフレッシュ

●4月生まれ
恋愛運:気持ちの変化を受け入れて
金 運:欲しいものが安く買える
学び運:短期教室で学んで
健康運:レジャーで元気を充電

●5月生まれ
恋愛運:願い通りの展開に
金 運:交際費がかさみそう
学び運:学びの成果が見えるとき
健康運:早起きで気分爽快に

●6月生まれ
恋愛運:期待以上の展開に
金 運:貯金を崩さないように
学び運:学びの計画を見直して
健康運:頭皮マッサージでリラックス

●7月生まれ
恋愛運:理想の恋が始まる予感
金 運:お買い物は計画的に
学び運:資格取得の勉強を
健康運:水辺のレジャーを楽しんで

●8月生まれ
恋愛運:素直に思いを打ち明けて
金 運:予定外の出費があるかも
学び運:調べ物は図書館で
健康運:半身浴でブルーな気分を解消

●9月生まれ
恋愛運:関係が変わるのも前進の証し
金 運:臨時収入があるかも
学び運:将来役に立つ学びを
健康運:海で気分が晴れやかに

●10月生まれ
恋愛運:今は自分を見つめるとき
金 運:お小遣いが増えるかも
学び運:隠れた才能が開花する
健康運:ウォーキングで元気に

●11月生まれ
恋愛運:理想の相手が見つかる
金 運:高価な買い物は控えて
学び運:スポーツ教室に行ってみよう
健康運:紫外線対策をしっかりと

●12月生まれ
恋愛運:変化を前向きにとらえて
金 運:節約法にチャレンジ
学び運:学びの目標を再確認
健康運:ダイエットの結果が出るとき

                                   ▲目次へ 
 
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記 円高が止まりません。もうすぐ盆休みですし、海外旅行に行か
れる方には朗報かもしれません。しかし、輸出で稼ぐ日本経済にとっては大
打撃です。アメリカやヨーロッパの財政問題が原因とされる一方で、あの大
震災にも関わらず、自動車産業などの復興が予想以上に速いことを世界が評
価したためとも。さらに福島原発の事故で深刻な電力不足に陥るとみられて
いたのに、国民一人一人の節電や産業界の努力で何とか乗り切っていること
は、特に驚きをもって評価されているそうです。日本人の誇りとすべきとこ
ろですが、その高評価が円高を進めているとすれば何とも皮肉な話です。(I)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
編集・発行 : 
   世界文化遺産 京都地主神社 Kyoto Jishu Jinja Shrine 
             参拝時間 午前9時~午後5時

    縁結び・恋愛成就 京都地主神社ホームページ 
    恋愛の神様 京都地主地主神社 ご利益ページ 
    えんむすび祈願 京都地主神社 ご祈願ページ 
    京都地主神社 キッズページ ハッピーフレンズ 
    縁結び・恋愛成就 京都地主神社ブログ 
    携帯サイト  http://www.jishu.jp/ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
————————————————————- 

「地主神社メールマガジン」登録ページへ(無料)
 

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより平成23年8月号|メイン