えんむすびの神さま 京都地主神社
参拝時間 午前9時~午後5時

メイン

バックナンバー

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより平成28年7月号

2016年07月01日2016メルマガ

                   ◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇ 
===================================================
              京都地主神社だより 
             ~平成28年月7号~ 
            NO.185 平成28年7月1日 
===================================================
——————————————————————
      ◆今月のご案内 
        ▼今月の宮司の言葉 
        ▼行事のお知らせ 
        ▼今月のトピックス 
          ◇恋愛成就七夕祭「七夕こけし」受付中
        ▼海月ルイの京都ラビリンス 
          ◇「鴨川のトンビ」
        ▼今月のご利益別運勢占い 
—————————————————————— 
今月の宮司の言葉  
 
 海開きが行われ、いよいよ本格的な夏がやってきます。学生の方はテスト
 が終われば夏休み。社会人の方も、夏休みの予定を立てる頃でしょう。休
 む前には、勉強や仕事もそうですが、目標に対しての予定も立てておきた
 いものです。

 目標に対しての予定を立てはじめると、やることがたくさんありすぎて、
 整理がつかないこともあると思います。そういうときは、自分の周囲の人
 に頼ってみてはどうでしょうか。例えば、英単語を覚えるのには、単語帳
 で確かめるだけではなく質問をしてもらうとか、仕事のアイデアが出ない
 ときは、一人で悩まずに誰かにアドバイスを求めるとか。

 “目標=一人で努力するもの”と思い込みがちですが、陸上競技で金メダ
 ルを取った選手でも、たった一人で努力を重ねているわけではなく、コー
 チや仲間、周囲の人たちと協力して成し遂げているのです。スポーツに限
 らず、勉強でも仕事でも、教えてくれる人や手助けしてくれる人が必ずい
 ます。一人でがんばるだけではなく、二人や三人の力を借りれば、目標に
 進むスピードも2倍、3倍になるかもしれませんし、楽しみながら進めま
 すよね。

 とはいえ、人に頼むのはちょっとした勇気がいるし、苦手と思う人もいる
 ことでしょう。そんなときは、神さまのもとを訪れてみてください。そう
 すればきっと、自分は一人ではないことに気づき、協力を求めることもで
 きるでしょう。
                              
                                       
    ☆バックナンバー スマホサイト「今月のお告げ」平成28年掲載分へ 
                                            
    ☆ホームページ「今月の宮司の言葉」平成28年掲載分へ 
 
                                   ▲目次へ 
 
行事のお知らせ

  ・月例祭 えんむすび地主祭り 7月3日(日) 祭典午後2時 
 
     ★えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。 
      祭典ご参加の方に開運こづちを無料授与致します。

  ・恋愛成就七夕祭 7月7日(木) 午後2時

     ★七夕祭祈願短冊「七夕こけし」受付中。
      詳しくは「七夕こけし」ご案内ページ
      スマートフォンはこちらへ 
 
     ☆それぞれのお祭りについては、「季節のお祭り」へどうぞ

 
                                   ▲目次へ 
 
今月のトピックス
 
    ◇恋愛成就七夕祭「七夕こけし」受付中

  「恋愛成就七夕祭」の祈願短冊「七夕こけし」を、7月7日祭典当日
  まで授与しています。なお、郵送での受付は終了しました。詳しくは
  下記ページをご覧ください。

    → 「七夕こけしのページ」へ

    → 「スマホ版七夕こけしのページ」へ 
 
                                   ▲目次へ 

海月ルイの京都ラビリンス 
    ◇「鴨川のトンビ」

 鴨川の様子や景色も、変わらないようで実は変わっています。
 最近は各所で中洲がたくさん見られますが、二、三十年前はめったに見
ないというか、ほとんどなかったものです。土木工事等のせいなのか、天
候のせいなのか、よくわかりませんが、今はごく普通に、鴨川のどこにで
も中洲が見られます。
 昔、なぜか突然、ユリカモメが大挙して鴨川に飛来したことがあります。
 それまで鴨川に生息していたのかどうかは記憶にないのですが、あれほ
どの大群が見られるようになったのは四十年ほど前のことです。
 ユリカモメは琵琶湖に「塒(ねぐら)」があり、鴨川に毎日通っている
のだそうです。飛来するユリカモメに餌を与える人もいて、鴨川辺りは大
変、居心地の良いところだったのでしょう。年々、増えていったのを憶え
ています。
 最近、鴨川堤でよく見られるのはトンビです。今までもいないわけでは
なかったのですが、こんなに見ることはありませんでした。
 出町柳、丸太町、府立病院あたりに多いといわれていますが、だんだん、
見かける範囲は広がっており、しかも増えています。
 トンビは肉食性とされていますが、実際には何でも食べます。動物の死
骸から魚、小動物、さらには人間の食べ物さえも餌としています。
 タカ科に属する猛禽類であり、狩猟も得意で、優れた視力で常に下界を
観察しているそうです。
 なので、川辺や公園で観光客が弁当やお菓子を食べていると、トンビに
「持って行かれる」という被害が頻発しており、問題になっています。
 まさに「トンビに油揚げをさらわれる」の状態ですが、笑って看過でき
ることではありません。
 鋭い爪で顔や手をひっかかれて怪我をしたという事例もあり、とくに乳
幼児の場合、注意が必要です。
 これは京都市の鴨川だけではなく、全国のいろんな観光地で起こってい
る現象だそうです。
 本来、トンビは警戒心の強い鳥で、人間には近寄らないとされていまし
たが、観光地のトンビは「人間がおいしいものを持っている」と認識して
おり、「隙をついて、かっさらっていく」術を身に着けています。
 おそらく、餌付けをした人がいて、それにより、人間に対する警戒心が
解かれ、さらには、人間はおいしい食べ物を持っている、しかもそれは簡
単にゲットできる、と学習したのでしょう。
 人間の動体視力やすべての五感をもってしても、トンビの襲撃能力には
かなわず、狙われたら最後、瞬時に持っていかれてしまいます。
 実際、被害に遭った人の話だと、「一瞬のことで何が起こったのかわか
らなかった」そうです。
 視界に何かバサバサしたものが入ったと思ったら、手に持っていたパン
がなくなっていた、というのです。
 食べ物をとられるだけならまだいいのですが、その際に鋭い爪で顔や手
を怪我することもあり、大変危険です。
 トンビが狙いをさだめたら正確に獲物をとっていくといわれていますが、
しかし、その瞬間、対象人物が意識無意識にかかわらず、わずかでも動い
たら、焦点ははずれ、顔面をまともに爪で傷つけられることもありえます。
もし、目を傷つけられるようなことになったら大変です。
 鴨川辺りで何かを食べる時は重々、お気をつけください。
 ちなみに、トンビが襲うのは必ず背後からだそうです。なので、壁や崖
下にもたれていると安全といわれています。また、透明ではない傘をさし
ているのも予防として有効だそうです。
 現在、鴨川堤には下記の看板が立っています。
「注意! トビ(原文ママ)が食べ物を狙って飛来し、ケガをした事故があ
りました。トビに注意してください」
 鴨川散策の際は、くれぐれもご用心を。



  ◇海月ルイ(うみづき・るい)
    京都市出身
    第五回九州さが大衆文学賞受賞「シガレット・ロマンス」
    第三十七回オール讀物推理小説新人賞受賞「逃げ水の見える日」
    第十八回サントリーミステリー大賞優秀作品賞受賞「尼僧の襟」
    第十九回サントリーミステリー大賞・読者賞ダブル受賞「子盗り」




◆◆7月の海月ルイ インフォメーション◆◆
    
   ☆「月刊なごや」七月号
    巻頭対談「ミステリーの巨人 松本清張を語ろう」前編
    野地恒有(愛知教育大学教授) 海月ルイ

   ☆「親と子のこころの風景2 今日はちがうよ」(愛知県教育振興会発行)
    エッセイ掲載。問合せTEL052-961-8501

   ☆徳間書店モバイル http://tokuma.to/
     京都祇園迷宮事件
     京都迷宮事件簿 薄い月
     http://tokuma.to/personinfo/personinfo.8ing?pid=88

   ☆文藝春秋「文春ウェブ文庫」て゛「子盗り」「プルミン」
    「十四番目の月」刊行。
    http://www.bunshunplaza.com

   ☆文藝春秋より「十四番目の月」文庫化。

   ☆文藝春秋より「ローザの微笑」
      赦すことで女は浄化され
      赦されることで男は泥に沈む。
      渾身の書き下ろし文藝春秋より発売中。

   ☆「京都迷宮事件簿 薄い月」徳間書店より発売中。

   ☆「京都祇園迷宮事件」徳間書店より発売中。

   ☆「プルミン」が文藝春秋より文庫化されました。

   ☆2005年日本国際博覧会『愛・地球博』記念
     「万博百景集」にエッセイ掲載。
     発行(財)2005年日本国際博覧会協会・中日新聞
     問い合わせ・中日新聞文化事業部 
     TEL 052-221-0729 

   ☆サントリーミステリー大賞受賞作品「子盗り」が文藝春秋より文
    庫化されました。

   ☆「別冊文藝春秋」に連載されていた「十四番目の月」が文藝春秋
    より単行本化され発売中。
    京都を舞台にした誘拐劇。果たして犯人はどうやって身代金を強
    奪したのか?

   ☆「烏女」(からすおんな)双葉社より全国書店で発売中。


                   (無断転載を堅く禁じます。)
 
                                   ▲目次へ


 
今月のご利益別運勢占い 

 ●1月生まれ
 恋愛運:意中の人にライバルが急接近
 金 運:臨時収入があるかも
 学び運:学び仲間が見つかる
 健康運:海水浴で気分爽快に

 ●2月生まれ
 恋愛運:ライバルに先を越されるかも
 金 運:プレゼントに恵まれる
 学び運:学ぶ意欲がアップするとき
 健康運:海辺でリフレッシュ

 ●3月生まれ
 恋愛運:焦らないで時期を待って
 金 運:お得な買い物ができる
 学び運:学びの計画を立てて
 健康運:ベスト体重に近づく

 ●4月生まれ
 恋愛運:新たな恋が始まりそう
 金 運:バーゲンで散財するかも
 学び運:興味のあることを深く学んで
 健康運:お腹がかくれるパジャマを

 ●5月生まれ
 恋愛運:うれしい急展開が
 金 運:おこづかいの予算を守って
 学び運:マイペースで学んで
 健康運:夜ランニングでストレス解消

 ●6月生まれ
 恋愛運:恋が盛り上がるとき
 金 運:ムダ遣いに注意
 学び運:趣味が学びにつながるとき
 健康運:お腹を冷やさないようして

 ●7月生まれ
 恋愛運:デートの誘いが多数
 金 運:おこづかい帳をつけて
 学び運:復習をしっかりと
 健康運:夜更かしで不調に

 ●8月生まれ
 恋愛運:焦ると失敗するかも
 金 運:貯金を増やすチャンス
 学び運:健康に関する学びを
 健康運:ダイエットの結果が出るとき

 ●9月生まれ
 恋愛運:告白を焦らないで
 金 運:ごちそうになる機会が
 学び運:テストの準備は念入りに
 健康運:遠出してリフレッシュを

 ●10月生まれ
 恋愛運:運命の人と出会うかも
 金 運:学びの出費が
 学び運:セミナーに頼りすぎないで
 健康運:アウトドアで活動的に

 ●11月生まれ
 恋愛運:恋の進展がありそう
 金 運:予算オーバーの買い物をしそう
 学び運:ノートの取り方を工夫して
 健康運:紫外線対策をしっかりと

 ●12月生まれ
 恋愛運:恋が始まる予感
 金 運:思わぬ出費があるかも
 学び運:語学を学んで
 健康運:意識して水分をとって

                                   ▲目次へ


 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記 南米ペルー沖赤道域の海面水温が平年より高くなるエルニーニ
ョ現象から低くなるラニーニャ現象へとこの春から夏にかけて推移している
のだそうです。去年あれほど発生していた台風が、今年は発生しないのもそ
の影響だとか。心配なのは、ラニーニャ現象で今夏猛暑となるかもしれない
こと。今から考えたくはありませんが、去年の夏よりは暑くなると覚悟して
おいた方が良さそうです。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
編集・発行 : 
   世界文化遺産 京都地主神社 Kyoto Jishu Jinja Shrine 
   参拝時間 午前9時~午後5時

     ★縁結び・恋愛成就 京都地主神社ホームページ 

     ★京都地主神社スマートフォンサイト 

     ☆Twitter地主神社公式ページ

     ☆Facebook地主神社公式ページ

     ☆地主神社LINE@アカウント(@jishujinja)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
————————————————————- 
「地主神社メールマガジン」登録ページへ(無料)  

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより平成28年7月号|メイン