えんむすびの神さま 京都地主神社
神・こころ・ひと・日々新たに
縁結び祈願 京都地主神社 ご利益ページ 恋愛の神様 ご祈願ページ 地主物語
参拝時間 午前9時〜午後5時
良縁めぐり | 季節のお祭り | 由来と歴史 | ご社殿 | 神様とご利益 | 宮司の言葉 | 神社だより | 花だより | 資料庫 | 神社TOPICS BLOG | ハッピーフレンズ
TOP >> 由来と歴史
  季節のお祭り  
由来と歴史
地主神社の由来:イメージ
建都1100年奉祝奉納絵馬 地主神社境内盛挙の図(一部)
地主神社の由来
 社伝によれば、地主神社の創建年代は、神代(かみよ)つまり日本の建国以前とされ、 あまりの古さにその歴史は明らかではありませんでした。 しかし近年、アメリカの原子物理学者・ボースト博士の研究により、 本殿前の「恋占いの石」が縄文時代の遺物であることが証明されました。
 また地主神社の鎮座する辺りは、古来「名勝蓬莱山(宝来山)」と呼ばれ、 不老長寿の霊山として信仰を集めてきました。 京都盆地が湖であった古代から、この蓬莱山は陸地であり、信仰の場となっていたのです。
 811年(弘仁2年)、嵯峨天皇が行幸。地主桜の美しさに三度車を返され、 「御車返しの桜」の由来となりました。970年(天禄元年)、円融天皇が行幸。 臨時祭を仰せつかりました。1082年(永保2年)には白河天皇が行幸、17日間参籠(さんろう:神社で昼夜にこもっての祈願 )されました。 これら歴代天皇の行幸も、地主神社の歴史とご神威の貴さを物語っています。
 1886年(明治19年)、建都1100年を奉祝して当神社に奉納された絵馬には、 当時の風俗と共に、良縁祈願に訪れる娘さん達の様子が生き生きと描かれています。 身分・性別を問わず、広範な人々から信仰を集めていたのが、地主神社の信仰の特色と言えるでしょう。
 現代に入り、地主神社のご利益は、 日本はもとよりヨーロッパ・アメリカ・アジア・オーストラリア・アフリカと 全世界に広がっています。全世界の人々が地主神社のご利益をお受けになり、 世界の発展・幸福・平和を心よりお祈りいたします。
地主神社に行幸された天皇、皇族
嵯峨天皇、円融天皇、白河天皇、有栖川宮幟仁親王、有栖川熾仁親王
地主神社を参拝した武将、文人
坂上田村麻呂、平清盛、平宗盛、梶原影時、豊臣秀吉、徳川家光、東福門院
出雲阿国(歌舞伎奉納)、宗祇(地主連歌奉納)、茂山千五郎(狂言奉納)
北村季吟(芭蕉の師、俳人)、宝井其角(俳人)
神代・縄文時代イメージ
神代・縄文時代
地主神社の創建年代は神代(かみよ:日本の建国以前)とされ、近年の研究により「恋占いの石」が縄文時代の遺物であることが確認された。また、周囲が湖であった時代にも、地主神社の境内地は島となっており、不老長寿の霊山「蓬莱山(宝来山)」 あるいは、「蓬莱の島」として信仰をあつめていた。地主神社の東隣下の崖には今も 「船着き場」の跡が残っている。
飛鳥〜平安時代イメージ
飛鳥〜平安時代
嵯峨天皇、円融天皇、白河天皇と歴代天皇が行幸、皇室との関係が深まった。また970年には臨時祭・地主祭りを仰せつかった。
 
701年(大宝元年)   地主神社本殿の形式は、法隆寺と同じ双堂建築で、日本最古の神社 建築様式である。
 
797年(延暦16年)   坂上田村麻呂が征夷大将軍に任命され、田村麻呂大刀一振りを地主神社に奉納。
 
811(弘仁2年)   4月、嵯峨天皇行幸。(御車返しの桜の故事となる)
 
970年(元禄元年)   3月9日、円融天皇行幸。臨時祭を仰せつかる。これより後、永式として例祭を毎年4月9日に行う。
 
1082年(永保2年)   白河天皇行幸。地主神社にて17日間参籠(さんろう:神社に昼夜にこもっての祈願)された。
 
1170年(嘉応4年)   後白河上皇篇『梁塵秘抄』に地主神社の記述あり。
『梁塵秘抄』(歌謡・後白河上皇篇)
清水に 天露別の おはすれば むべこそ神は 天降るらめ
(清水山に天孫降臨に従った天露別の神[地主神社の神の意]が いらっしゃるので、どうりで神が天降りなさることだ)
『玉葉集』(1100年)
ちかひきて 天の岩戸をあけしより かたきねがひを かなふべしとは
(地主神社の神様のご利益、ご神徳の貴さを称えた歌)
 
中世イメージ
中世
謡曲『田村』『熊野』をはじめ、『梁塵秘抄』『閑吟集』など、有名文学にたびたび登場。「地主権現」の名が、ご利益ある神様として全国に知られた。
 
1202年(建仁2年)   運慶、狛犬一対奉納。梶原景清が参拝。
 
1500年(明応9年)   宗祇、地主連歌を興行。名桜・地主桜が『閑吟集』に詠まれる。また、謡曲『田村』(世阿弥作)・『熊野』でも地主桜が謡われた。
『閑吟集』(1518年)
地主の桜は 散るか散らぬか 見たか水汲
             散るやら 散らぬやら 嵐こそ知れ
おもしろ花の 都や筆でかくもとも及ばじ東に祇園
    清水落ちくる 滝の音羽の嵐に地主の桜は散り散り……
『田村』(世阿弥作)
それ花の名所多しといえども 大悲の光色添うゆえか
                     この寺の地主の桜にしくはなし

あらあら面白の地主の花の気色やな 桜の木の間に洩る月の
      雪もふる夜嵐の 誘ふ花とつれて散るや 心なるらむ
『熊野』(作者不詳)
清水寺の鐘の音 祇園精舎をあらはし 諸行無常の声やらむ
地主権現の花の色 沙羅双樹の理なり
地主連歌(宗祇)
室町時代から江戸時代にかけて、連歌師より月の晦日に盛んに興行されました。
戦国〜江戸時代イメージ
戦国〜江戸時代
古文書によると、「恋占いの石」に興じる老若男女で境内が一日中にぎわったと、当時の反映の様子が記されている。また、地主神社祈り杉での「丑の刻参り」が大流行した。
 
1581年(天正9年)   3月、豊臣秀吉が地主神社にて花見の宴を催す。
 
1603年(慶長8年)   出雲の阿国、歌舞伎を奉納。
 
1633年(寛永10年)   徳川家光が御社殿を再建。
 
1705年(宝永2年)   北村季吟・室井其角、地主の桜の俳句を奉納。
 
1779年(安永9年)   後桃園天皇崩御につき、地主祭が5月8日となる。
 
1849年(嘉永2年)   古文書によると、地主神社乙羽竜神の加護により、さる商人が無事に唐土より帰国できた。厄除子孫繁栄の守り神としてますます信仰を集めたとある。
 
1857年(安政4年)   有栖川幟仁親王(神導教職総裁)地主神社へ「地主権現」御神号御筆奉納。
茶屋おどり
赤まえだれの茶屋の娘が、舞や野立などを奉納した。奉祝遷都1100年奉納絵馬から推察。
俳句
芭蕉の師・北村季吟、蕉門の十哲のひとりである室井其角などが、地主神社を題材としています。
地主からは 木の間の花の 都かな  季吟
京中へ 地主の桜や 飛胡蝶     其角
宗盛も 車にみゆれ 地主祭り    紫暁
影清は 地主祭にも 七兵衛     太祇
押しあふて 車やどりや 地主祭り  瓜流
明治〜大正イメージ
明治〜大正
神仏分離令により、神社本来の地位が認められ、毎年米二石が助成された。
 
1869年(明治2年)   有栖川熾仁親王筆「地主権現」御神号を御寄付。政府より「明神号」下符。
 
1878年(明治11年)   神幸祭を4月7日を5月8日に改める。
 
1881年(明治14年)   12月12日昇格報告祭。社詞・中川義郎。
 
1896年(明治29年)   6月4日、内務大臣・板垣退助へ由緒下付金を申請。
昭和〜平成イメージ
昭和〜平成
縁結びの神としてご神徳が全国に広がり、新聞・テレビ・雑誌にたびたび取り上げられた。1975年(昭和50年)に、昭和の大修理。御本殿の極彩色が見事に甦った。また、1983年(昭和58年)12月古都税紛争により参道が閉ざされたが、清水2丁目に臨時御座所を設け、参拝の機会を確保。例年通りの初詣で参拝者で賑わった。
1936年(昭和11年)   12月13日、国運隆盛を祈願し狂言奉納。茂山千五郎。
1962年(昭和37年)   9月、中川平宮司が就任。中川弌郎名誉宮司。地主祭り5月8日を5月5日に改める。3月、地主桜植樹祭、献木・佐野藤右衛門、考証・井上静蔵。
1964年(昭和39年)   文部省に対し、重要文化財に関する調査請願。文部大臣・灘尾弘吉、文化庁調査代表・関野克、文化庁建造物課・伊藤延男
1966年(昭和41年)   6月、地主神社本殿、拝殿、総門が国の重要文化財に指定される。
1968年(昭和43年)   岩井博美、芭蕉堂社中により、清水連歌200年ぶりに復活。
1975年(昭和50年)   ご本殿、拝殿、総門、昭和の大修理。
1976年(昭和51年)   11月12日、拝殿天井の青竜(狩野之信筆)、入魂式(点眼式)。12月26日、遷宮祭。
「地主桜」は第104回都をどりの演目となり華やかなフィナーレを飾る。
1977年(昭和52年)   地主神社修復記念大祭。
1985年(昭和60年)   清水2丁目臨時御座所に、礼宮殿下参拝。
1988年(昭和63年)   天皇陛下病気平癒祈願祭。地主神社芸能社建立。
1990年(平成2年)   即位大礼・大嘗祭奉祝祈願祭地主神社。地主神社神楽「良縁の舞」「奉祝の舞」完成奉納。
1993年(平成5年)   地主神社境内地全域が、本殿・拝殿・総門に加え国の重要文化財に指定。赤松文部大臣。
1994年(平成6年)   平安建都千二百年祭地主神社11月23日祭典執行。平安建都千二百年奉祝絵馬授与 12月、世界文化遺産指定登録。地主神社本殿・拝殿・総門、及び境内地。
 
ページ上部へ