line

宮司の言葉

地主神社は社殿修復⼯事のため、
閉⾨しています。
(工期約3年)

受け付けました「縁むすび特別祈願」は、
神官が毎⽇ご祈願しております。
郵送で受付中

宮司の言葉

日本で古くから信仰されてきた神さまは、太陽や山、森、木々など宇宙・世界・森羅万象に宿るとされ、八百万(やおよおよろず;非常に数が多いこと)の神ともいわれます。お米などの収穫を得るにも、日の光や雨が降ることでもたらされる水が必要なように、私たちは自然の恵み無しには、一日も生きていくことができません。科学がどんなに進歩し、社会や生活環境が激変しても、変わることのない真理といえるでしょう。古代の人々も日々の営みのなかで自然の大いなる力を感じ取り、自然への畏敬や信仰の念を持ったのです。農耕の技術や知識が発達していない古代においては、日々の糧を得るのも非常に困難であり、それだけに神様への切実な願い事は、豊作や豊漁であったことでしょう。さらには、人の命を後世へとつなぐ子孫繁栄は、いっそう大きな願いごとだったにちがいありません。日本で最も古くからお祀りされた神、原初の神々は、こうした願いをかなえる神であり、人や作物といった生命を産み出し、繁栄をもたらす神でした。また生命の誕生には2つのものを出会わせ結びつけることが必要です。そのため原初の神は、結びの神でもあったのです。

地主神社の神様は、日本でも非常に古くから祀られた古層の神、原初の神です。京都盆地は、大昔には湖に沈んでいた時代もありましたが、地主神社の境内地は、島のように陸地となっており、「蓬莱山」と呼ばれ不老長寿の霊山として信仰されていたと伝わっています。ご本殿前の「恋占いの石」も近年の研究で縄文時代の遺物とされています。こうした最古の歴史を持つ地主神社の神に古代の人々がささげた祈りは、やはり強いご霊力で命を産み出していただくこと、豊作や子孫の繁栄であったことでしょう。子孫繁栄には男女を巡り合わせ結びつけねばなりません。ですから原初の神である地主神社の神様は、縁をとりもつ結びの神、縁結びの神でもあったのです。

現代の皆様の願い事は、受験合格や商売繁盛、健康長寿など様々おありかと思います。しかしどんな願いごとよりも、まずはお一人お一人が命を授かること、この世に生をお受けになることが大前提ではないでしょうか?命を産み出し、命を授かるには、人と人との結びつきが不可欠であり、そう考えますと、どのお願いごとよりまず最初のお願いごとは、人と人との縁、つまりは出会いや絆であり、古代の人々と同様に「縁結び」ということになります。また男女の縁に限らず、私たちが幸福をえるには、日々良いご縁を授からねばなりません。仕事であれば、良い上司に巡りあうこと、良い取引相手に出会うこと。学生の方なら、良い先生や友人に恵まれること。是非ご縁や絆の大切さを心に刻んでいただき、古来より信仰の篤い地主神社の神様に縁結びの信心を深めていただきたいと思います。

近年、地主神社のご神徳は海外にも広がり、アジア・欧米を始め世界各地からご参拝をいただいています。日本古来の神様が海外でも理解され、ご信仰いただくことは、非常に意義深いことであり、喜ばしく思います。さらにこの信仰の輪が世界のすみずみまでおよび、世界中の人々がご縁を深め、強い絆で結ばれ、平和で愛に満ちた世の中となりますことを、心より願っています。

続きを読む

今月の宮司の言葉

令和4年12月「新年の干支 卯(う)」「干支絵馬」「因幡の白ウサギ」「二兎を追う」

 早いもので今年も残りわずかとなりました。
 地主神社ではこの一年のご利益に感謝し、来る年の開運招福を願って、12月4日より新年の干支である「うさぎ」のエト絵馬を郵送にて授与いたします。どうぞぜひお授かりくださいませ。

 地主神社で縁結びの神さまとしてお祀りしている大国主命(おおくにぬしのみこと)は、うさぎにゆかり深い神さまでもあられます。その昔、因幡(いなば)の国を旅しておられた大国主命は、傷を負って泣いているうさぎに出会い、治し方をお教えになりました。

  教への如く為(せ)しに、その身、本(もと)の如し。(古事記)
  (大国主命に教えられた通りにすると、うさぎの体は元通りになった)

 命を助けられたうさぎは、大国主命にすばらしいご縁を約束します。

  八上比売(やかみひめ)を(中略)汝(な)が命(みこと)、獲(え)む(古事記)
  (八上姫はあなた様と結ばれるでしょう)

 うさぎの予言どおり、聡明な八上姫は大国主命の優しい心をひと目で見抜き、大勢の求婚者をしりぞけて大国主命と結ばれました。こうして、大国主命は「縁結びの神さま」として信仰されるようになったのでした。
 地主神社のホームページ「因幡の白ウサギ」では、愛らしいうさぎの絵をまじえてこの物語を詳しく紹介しています。

 うさぎといえば「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざも思い出されますが、これはもともと西洋のことわざで、明治時代に岩倉使節団の一員として米欧12カ国を歴訪した岩見鑑造(いわみかんぞう)が帰国後に飜訳して日本に紹介したものです。

  二兎を追ふものハ一兎をも得ず(西洋諺草)

 岩見自身は訳業のみならず実業家や狂歌師、茶人など多方面で活躍した才人でしたが、何かと年末は誰もが気ぜわしくなりがち。無理せず一つひとつのご縁を大切にしながら去りゆく寅年を「ありがとう」と見送り、心晴れやかに卯年を迎えたいものです。

 社殿修復工事のため閉門しております地主神社では、全国から郵送で寄せられるご祈願の一つひとつについて神官が毎日神さまに祝詞(のりと)を奏上し、縁結びや開運招福を祈願しています。また、お守りも郵送にて一つひとつお授けさせていただいております。

 どうぞおからだにお気をつけて、良いお年をお迎えくださいませ。来る年も素晴らしいご縁をお授かりいただきますように。おしあわせに。
宮司の言葉 バックナンバー