line

宮司の言葉

宮司の言葉

日本で古くから信仰されてきた神さまは、太陽や山、森、木々など宇宙・世界・森羅万象に宿るとされ、八百万(やおよおよろず;非常に数が多いこと)の神ともいわれます。お米などの収穫を得るにも、日の光や雨が降ることでもたらされる水が必要なように、私たちは自然の恵み無しには、一日も生きていくことができません。科学がどんなに進歩し、社会や生活環境が激変しても、変わることのない真理といえるでしょう。古代の人々も日々の営みのなかで自然の大いなる力を感じ取り、自然への畏敬や信仰の念を持ったのです。農耕の技術や知識が発達していない古代においては、日々の糧を得るのも非常に困難であり、それだけに神様への切実な願い事は、豊作や豊漁であったことでしょう。さらには、人の命を後世へとつなぐ子孫繁栄は、いっそう大きな願いごとだったにちがいありません。日本で最も古くからお祀りされた神、原初の神々は、こうした願いをかなえる神であり、人や作物といった生命を産み出し、繁栄をもたらす神でした。また生命の誕生には2つのものを出会わせ結びつけることが必要です。そのため原初の神は、結びの神でもあったのです。

地主神社の神様は、日本でも非常に古くから祀られた古層の神、原初の神です。京都盆地は、大昔には湖に沈んでいた時代もありましたが、地主神社の境内地は、島のように陸地となっており、「蓬莱山」と呼ばれ不老長寿の霊山として信仰されていたと伝わっています。ご本殿前の「恋占いの石」も近年の研究で縄文時代の遺物とされています。こうした最古の歴史を持つ地主神社の神に古代の人々がささげた祈りは、やはり強いご霊力で命を産み出していただくこと、豊作や子孫の繁栄であったことでしょう。子孫繁栄には男女を巡り合わせ結びつけねばなりません。ですから原初の神である地主神社の神様は、縁をとりもつ結びの神、縁結びの神でもあったのです。

現代の皆様の願い事は、受験合格や商売繁盛、健康長寿など様々おありかと思います。しかしどんな願いごとよりも、まずはお一人お一人が命を授かること、この世に生をお受けになることが大前提ではないでしょうか?命を産み出し、命を授かるには、人と人との結びつきが不可欠であり、そう考えますと、どのお願いごとよりまず最初のお願いごとは、人と人との縁、つまりは出会いや絆であり、古代の人々と同様に「縁結び」ということになります。また男女の縁に限らず、私たちが幸福をえるには、日々良いご縁を授からねばなりません。仕事であれば、良い上司に巡りあうこと、良い取引相手に出会うこと。学生の方なら、良い先生や友人に恵まれること。是非ご縁や絆の大切さを心に刻んでいただき、古来より信仰の篤い地主神社の神様に縁結びの信心を深めていただきたいと思います。

近年、地主神社のご神徳は海外にも広がり、アジア・欧米を始め世界各地からご参拝をいただいています。日本古来の神様が海外でも理解され、ご信仰いただくことは、非常に意義深いことであり、喜ばしく思います。さらにこの信仰の輪が世界のすみずみまでおよび、世界中の人々がご縁を深め、強い絆で結ばれ、平和で愛に満ちた世の中となりますことを、心より願っています。

続きを読む

令和元年のバックナンバー

令和元年7月 「七夕祭」「七夕こけし」「海の日」「恋占いの石」

 7月7日は七夕。一年に一度、天の川で織姫と彦星が出会うとされる日です。
 この伝説は中国から伝わりましたが、日本でも昔から、天上には美しい布を織る女性がいるとされてきました。

  天(あめ)なるや弟棚機(おとたなばた)の 項(うな)がせる 玉の御統(みすまる)(古事記)
  (空の上で機(はた)を織るという若い女性が首にかけている首飾りの玉よ)

 逢瀬を心待ちにする織姫の心を詠んだ歌も、『万葉集』に収められています

  いにしへゆ織りてし服(はた)をこの夕(ゆうべ)衣(ころも)に縫ひて君待つ我れを(万葉集)
  (ずっと織り続けてきた布を、今夜は着物に縫ってあなたを待っています)

 万葉の頃には七夕の宴が催され、ゆかりの歌を披露し合いました。こうした習わしから、7月を「文月」と呼ぶようになったともいわれます。

  文月や六日も常の夜には似ず(芭蕉)
  (7月も七夕の前日となると、いつもの夜とは違うようだ)

 地主神社でも、7月7日には、恋愛成就 七夕祭を執り行います。祈願短冊「七夕こけし」にご自身とお相手のお名前を書き添え、本殿の両脇にしつらえた大笹に結わえてご祈願ください。ご縁を授かりたい方のイメージをお書きいただくこともできますので、お相手を探しておられる方もぜひご祈願くださいませ。

 七夕祭が過ぎると、7月15日は「海の日」。四方を海に囲まれた日本では、古くから海に心を寄せてきました。

  海(わた)の底(そこ)奥(おき)を深めて我(あ)が思(も)へる君には逢はむ年は経(へ)ぬとも(万葉集)
  (海の底のように心の奥深く思っているあなたには、何年たっても会いたい)

 縄文時代には京都盆地は湖の底にありましたが、地主神社のあたりは陸地であったと伝えられます
。  そんな縄文時代の遺物とされるのが「恋占いの石」です。太古の昔からご縁を見守ってきた地主神社で、どうぞこの夏も良縁をご祈願くださいませ。おしあわせに。

令和元年6月 「夏越しの大祓」「茅の輪」「人形祓い」

ひと雨ごとに夏草の緑が濃くなる季節となりました。
 『万葉集』では、天上に生い茂るチガヤを刈る歌も詠まれています。

  天(あめ)なるやささらの小野に茅萱(ちがや)刈り萱(かや)刈りばかに鶉(うづら)を立つも(万葉集)
  (天上の野原でチガヤを刈っていると、足もとからウズラが飛び立った)

 昔からチガヤは神事に用いる神聖な草とされてきました。このチガヤを編んで大きな輪を作り、その中をくぐってお祓いをする神事が「夏越(なごし)の祓(はらえ)」です。

  水無月の夏越の祓へする人は千歳(ちとせ)の命延ぶといふなり(拾遺和歌集)
  (夏越しの祓いをする人は、寿命が千年も延びるというそうだ)

 地主神社でも6月30日には「夏越しの大祓祭」を執り行います。境内にしつらえた約2mの茅の輪の中を3度くぐり、これまで半年間のけがれを祓うとともに、これから半年の無病息災をご祈願ください。

  母の分んも一つ潜るちのわ哉(小林一茶)
  (母の分としてもう一度くぐる茅の輪であることよ)

 この茅の輪は、地主神社の祭神である素戔鳴命(すさのおのみこと)が、旅先で宿を借りたお礼として宿の主人に小さな茅の輪を授けたのが始まりです。

  茅の輪を以ちて腰に着けたる人は、免れなむ(備後国風土記)
  (茅の輪を腰に着けている人は、病気にかかることはないでしょう)

 また、昔からこの日は紙で作った、小さな人形(ひとがた)にけがれを移してお祓いする「人形祓い」の神事も行われてきました。地主神社でも、古式ゆかしい人形祓いをお受けいただくことができます。

 どうぞ、この夏もお健やかにお過ごしいただき、これからの半年間も充実した毎日を送られますように。おしあわせに。

令和元年5月「例大祭 地主祭り(神幸祭)」「子どもの日」「薬狩」「菖蒲」

天皇陛下の御即位を奉祝いたします。

 5月5日は子どもの日。『万葉集』では、子どもを「宝」と称える歌が詠まれています。
  銀(しろかね)も金(くがね)も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも(万葉集)
  (どんな金銀宝石よりも、子どもに勝る宝はない)

 昔はこの日は「薬狩(くすりがり)」の日とされ、ショウブやヨモギなどの薬草を採る日でした。

  五月の五日に、(中略)薬猟(くすりがり)す。(日本書紀)
  (5月5日に薬狩をする)

 香り高いショウブは邪気を払うとされ、葉を髪に巻き付けることもあったようです。

  ほととぎすいとふ時なしあやめぐさかづらにせむ日こゆ鳴き渡れ(万葉集)
  (ほととぎすよ、しょうぶのかずらを作る5月5日には、ここを鳴いて渡っておくれ)

 地主神社でも末長い健康と家内安全などを願い、5月5日に「例大祭 地主祭り(神幸祭)」を執り行います。
 約千年前に天皇の勅命により行われた臨時祭を起源とするもので、こうした由緒のある例大祭はまれです。
 江戸時代には、その賑わいを讃えた句も詠まれました。

  宗盛も車にみゆれ地主祭り(紫暁)
  ([かつて地主桜を愛でたという]平宗盛も車で現れるよ、地主祭りに)

 そして、5月第2日曜日は「母の日」。『万葉集』には、母や父への思いを詠んだ歌も収められています。

  忘らむて野行き山行き我れ来れど我が父母(ちちはは)は忘れせのかも(万葉集)
  (忘れようとして、野山を越えて来たけれど、父と母は忘れられないものだなあ)

 どうぞ、令和元年、春の京都散策の折にはぜひ地主神社をご参拝いただき、この佳き年のご健康や厄除けをご祈願くださいませ。おしあわせに。
宮司の言葉 バックナンバー