line

宮司の言葉

宮司の言葉

日本で古くから信仰されてきた神さまは、太陽や山、森、木々など宇宙・世界・森羅万象に宿るとされ、八百万(やおよおよろず;非常に数が多いこと)の神ともいわれます。お米などの収穫を得るにも、日の光や雨が降ることでもたらされる水が必要なように、私たちは自然の恵み無しには、一日も生きていくことができません。科学がどんなに進歩し、社会や生活環境が激変しても、変わることのない真理といえるでしょう。古代の人々も日々の営みのなかで自然の大いなる力を感じ取り、自然への畏敬や信仰の念を持ったのです。農耕の技術や知識が発達していない古代においては、日々の糧を得るのも非常に困難であり、それだけに神様への切実な願い事は、豊作や豊漁であったことでしょう。さらには、人の命を後世へとつなぐ子孫繁栄は、いっそう大きな願いごとだったにちがいありません。日本で最も古くからお祀りされた神、原初の神々は、こうした願いをかなえる神であり、人や作物といった生命を産み出し、繁栄をもたらす神でした。また生命の誕生には2つのものを出会わせ結びつけることが必要です。そのため原初の神は、結びの神でもあったのです。

地主神社の神様は、日本でも非常に古くから祀られた古層の神、原初の神です。京都盆地は、大昔には湖に沈んでいた時代もありましたが、地主神社の境内地は、島のように陸地となっており、「蓬莱山」と呼ばれ不老長寿の霊山として信仰されていたと伝わっています。ご本殿前の「恋占いの石」も近年の研究で縄文時代の遺物とされています。こうした最古の歴史を持つ地主神社の神に古代の人々がささげた祈りは、やはり強いご霊力で命を産み出していただくこと、豊作や子孫の繁栄であったことでしょう。子孫繁栄には男女を巡り合わせ結びつけねばなりません。ですから原初の神である地主神社の神様は、縁をとりもつ結びの神、縁結びの神でもあったのです。

現代の皆様の願い事は、受験合格や商売繁盛、健康長寿など様々おありかと思います。しかしどんな願いごとよりも、まずはお一人お一人が命を授かること、この世に生をお受けになることが大前提ではないでしょうか?命を産み出し、命を授かるには、人と人との結びつきが不可欠であり、そう考えますと、どのお願いごとよりまず最初のお願いごとは、人と人との縁、つまりは出会いや絆であり、古代の人々と同様に「縁結び」ということになります。また男女の縁に限らず、私たちが幸福をえるには、日々良いご縁を授からねばなりません。仕事であれば、良い上司に巡りあうこと、良い取引相手に出会うこと。学生の方なら、良い先生や友人に恵まれること。是非ご縁や絆の大切さを心に刻んでいただき、古来より信仰の篤い地主神社の神様に縁結びの信心を深めていただきたいと思います。

近年、地主神社のご神徳は海外にも広がり、アジア・欧米を始め世界各地からご参拝をいただいています。日本古来の神様が海外でも理解され、ご信仰いただくことは、非常に意義深いことであり、喜ばしく思います。さらにこの信仰の輪が世界のすみずみまでおよび、世界中の人々がご縁を深め、強い絆で結ばれ、平和で愛に満ちた世の中となりますことを、心より願っています。

続きを読む

令和2年のバックナンバー

令和2年2月 「節分祭」「厄除守」「福豆」「立春」

 早いもので、2月となりました。2月を如月(きさらぎ)というのは、草木が育ち始めるという意味の「生更(きさら)ぎ」に由来するともいわれます。
 『源氏物語』にも、2月に花が咲き始める様子が描かれています。

  二月になれば、花の木どもの、盛りなるも、まだしきも(源氏物語)
  (2月(きさらぎ)になれば花盛りの木も、まだ蕾の木も)

 2月3日の節分は春から冬の分かれ目とされ、豆などをまいて邪気を払うしきたりです。
 小さな一粒から大きな実りをもたらす豆は昔から五穀の一つに数えられ、『古事記』では神さまのおからだから豆が生まれる場面も描かれました。

  鼻に小豆生(な)り、(中略)尻に大豆(まめ)生りき。(古事記)
  (鼻に小豆ができ、(中略)尻に豆ができた)

 地主神社でも2月3日に「節分祭」を執り行い、福豆をまいて厄除け・開運招福・病気回復を祈願いたします。厄除守や福豆(1袋500円)も授与いたしますので、ぜひご参拝ください。

 節分の翌日は立春。暦の上ではもう春です。

  袖ひちてむすびし水のこほれるを 春立つけふの風やとくらん(古今集)
  (夏に袖を濡らしてすくった水が冬の間は凍っていたのを、立春の今日の風がとかすことでしょう)

 とはいえ、まだまだ寒い日も続きます。2月の異称の如月には、衣を重ねる「衣更着(きさらぎ)」という意味もあるそうです。

  裸にはまだ衣更着(きさらぎ)の嵐哉(かな)(松尾芭蕉)
  (先達にならって裸になろうとしたものの二月は寒く、衣を重ねたいほどだ)

 これから少しずつ日が長くなり、日差しも明るくなってゆくことでしょう。早春の京都散策の折にはぜひ地主神社にお立ち寄りいただき、心身ともに健やかに心温まる春をお迎えくださいませ。おしあわせに。

令和2年正月 「えんむすび初大国祭」「初詣」「初夢」「子」

 あけましておめでとうございます。

 元旦は早起きして初日の出を拝み、心を新たにするという方もおられることでしょう。ところが、江戸時代の俳人・松尾芭蕉は、どうやら二日目に拝むことにしたようです。

  二日にもぬかりはせじな花の春(芭蕉)
  (二日こそぬかりなく日の出を拝んで初春を祝おう)

 「一年の計は元旦にあり」といいますが、三が日ものんびりしているとあっという間です。今年の干支は子(ね)。令和の典拠となった『万葉集』では、すぎゆく日々の早さが2匹のねずみにたとえられています。

  二つのネズミ競(きほ)ひ走り、(万葉集)
  ([昼と夜は]二匹のねずみが競走するかのように去りゆき)

 この一年でかなえたい夢を初夢で占うときは、七福神が乗った宝船の絵を枕の下に敷いて眠ると良いそうです。絵にはこんな和歌を添えておくと良い初夢が見られるといわれます。

  長き世のとをの眠りのみな目覚め波乗り船の音のよきかな
  (長い夜を眠りについている皆が目覚めてしまうほど、進みゆく船の波音の心地よさよ)

 七福神の一人である大黒さまのお使いはねずみとされ、お正月の三が日は「嫁が君」と呼んで縁起をかつぎます。

  餅花やかざしにさせる嫁が君(松尾芭蕉)
  (「嫁が君」と呼ばれる正月のねずみは、餅団子を枝に飾った餅花の下から頭を出して、まるで飾りにしているようだ)

 地主神社でも、元旦から三が日は「えんむすび初大国祭」を執り行い、ご参拝いただきました皆様に「開運こづち」を無料にてお授けいたします。
 どうぞ、本年もぜひ地主神社で素晴らしいご縁をお授かりいただき、お健やかに一年をおすごしくださいませ。おしあわせに。
宮司の言葉 バックナンバー