Now Loading...
line

原初の神々(その1) 世界中にあった蛇信仰

date2004年7月20日

世界の神話や伝説、神への信仰に不思議な共通点がみられる
ことが、少なくありません。そうした信仰一つに、蛇への信仰
があります。古代エジプトで蛇が権威の象徴であったり、
マヤ文明など、非常に古い時代、世界の各地で蛇への信仰が
あったといわれています。
 
古代日本の各地でも蛇への強い信仰がありました。
沖縄、奄美や宮古島などにも蛇に関する伝承が数多く残されています。
これらの伝承と、奈良県三輪の蛇信仰に共通点がみられたり、
三輪と諏訪の蛇信仰にも関連があるとされます。
 
現在でも、蛇信仰の名残が神道の儀式には残されています。
たとえば、しめ縄の形は蛇の交尾を象ったものではないかとする説が
あります。蛇をカカシということがありますが、田んぼのカカシも元は蛇信仰
に由来する山の神であるともいわれます。
 
蛇に対し、おそらく良いイメージをお持ちの方は、少ないと思います。
しかし一方で、蛇をヌシとして殺生を慎んだり、蛇が脱皮した皮を
金運のお守りとして、財布に忍ばせる方もおられるでしょう。
世界各地に広がる蛇への信仰、また蛇に対する嫌悪と畏敬
こうした信仰のありように、私たちの原初の宗教観、あるいは
信仰のあるなしにかかわらず、すべての人の深層にある神への
観念を見て取れるのではないかと思います。
このお話をもう少し続けたいと思います。

京都地主神社
メールマガジンの登録

2004年7月
    8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ