Now Loading...
line

Categoryメルマガ

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより 令和2年8月号

date2020年8月1日

地主神社メールマガジン登録は右のサイドバー上部からどうぞ。
バックナンバーはこちらへ。

*******************************

◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
京都地主神社だより
~令和2年8月号~
NO.234 令和2年8月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


◆今月のご案内


▼今月の宮司の言葉

京都は例年より梅雨明けが遅かったため、ようやく夏真っ盛りとなりました。連日の猛暑や熱帯夜には十分気を付けて、熱中症には万全の対策を取ってください。

京都のお盆といえば、「五山の送り火」が有名ですが、今年は新型コロナウイルスの感染対策により、点火を最小限に抑えるという稀に見る方法でおこなわれます。京都の夏の夜空を焦がす名物行事が、このような方法をとらざるをえないことに寂しさは残りますが、中止にならなかったことには、胸をなでおろします。

行事として様変わりはしますが、お精霊(しょらい)さんと呼ばれるご先祖の霊をあの世へ送り届けることには何ら変わりはありません。ご先祖さまがいたから、今の私たちがいる。京都にいても、京都にいなくても、例年より静寂な夏の夜空に、静粛な心で感謝の気持ちを届けましょう。

ご先祖さまに限らず、感謝の心を持つことは大切です。感謝するからエネルギーが生まれ、努力することができて、自分のパワーを引き出せるのです。神さまは、そんな心持ちの方にご利益を授けてくださいます。コロナ禍による辛抱の時期はしばらく続きますが、決して下を見ず、夏の夜空に感謝の気持ちを届けるように、上を向いてがんばりましょう。

▲目次へ

▼行事のお知らせ

  • 月例祭 えんむすび地主祭り(毎月第一日曜日午後2時)

    ※新型コロナウイルスへの対応といたしまして、中止とさせていただきます。
     なお、ご本殿での祭典は、悪疫退散、病気回復の祈願を合わせて執り行います。
     何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

  •  

    それぞれのお祭りについて詳しくは、こちらへどうぞ
    ※新型コロナウイルスへの対応により、神事が大きく変更となる場合がございます。ご了承願います。

▲目次へ

→ 続きを見る

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより 令和2年7月号

date2020年7月1日

地主神社メールマガジン登録は右のサイドバー上部からどうぞ。
バックナンバーはこちらへ。

*******************************

◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
京都地主神社だより
~令和2年7月号~
NO.233 令和2年7月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


◆今月のご案内


▼今月の宮司の言葉

今年も早いもので半年が過ぎ、盛夏を迎える7月に入りました。半年の大半がコロナ禍で、桜から新緑といった爽やかな季節を楽しめないまま梅雨を迎えたという方が多いと思います。

しかし、外出自粛は解除されたので、”新しい生活スタイル”を守りながら、恋人やお友達、故郷の家族といった大切な人と実際に顔を合わせて、リモートとはちがう目の前で会える素晴らしさを感じていただきたいと思います。

例えば、美味しいものには、会えなかった時間をときほぐす力があります。少しの時間でも何かをいっしょに食べて「おいしいね」と言い合うだけで、お互いの記憶がよみがえり、話もはずむことでしょう。また、美味しいものを食べると幸せな気分になれます。

そのように、人は人とつながることで前に進めるのだと思います。このタイミングだからこそ、気がつくことができた人と人の縁の大切さ。神さまも、そんなみなさんを応援してくださいます。ご時世に流されず、いい思い出の夏にしましょう。

▲目次へ

▼行事のお知らせ

  • 月例祭 えんむすび地主祭り(毎月第一日曜日午後2時)

    ※新型コロナウイルスへの対応といたしまして、中止とさせていただきます。
    なお、ご本殿での祭典は、悪疫退散、病気回復の祈願を合わせて執り行います。
    何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

  • 恋愛成就七夕祭 7月7日(火) 祭典午後2時

    ※新型コロナウイルスへの対応といたしまして、中止とさせていただきます。
    なお、祭典当日ご本殿前に七夕大笹は設えます。すでに全国からお送りいただきました「七夕こけし」はすべて結びつけさせていただき、祈願成就の神事を神官のみで執り行います。
    また、祭典当日ご参拝の方には、「七夕こけし」を大笹に結びつけ、ご奉納いただくことはできます。
    何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

  •  

    それぞれのお祭りについて詳しくは、こちらへどうぞ
    ※新型コロナウイルスへの対応により、神事が大きく変更となる場合がございます。ご了承願います。

▲目次へ

→ 続きを見る

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより 令和2年6月号

date2020年6月1日

地主神社メールマガジン登録は右のサイドバー上部からどうぞ。
バックナンバーはこちらへ。

*******************************

◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
京都地主神社だより
~令和2年6月号~
NO.232 令和2年6月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


◆今月のご案内


▼今月の宮司の言葉

季節の移り変わりは早く、梅雨の6月へ。今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、春から落ち着かない日々が続いていますが、ようやく緊急事態宣言も解除され、少しずつ日常が戻りはじめていますが、”ニューノーマル”という言葉があるように、新しい常識により世の中は変わっていくように感じます。しかし、みなさんには、今まで以上に人と人との繋がりを大切に過ごしていただきたいと思います。

先月は母の日、今月の6月21日は父の日ですが、もしご一緒に住んでいない場合は、『健康守』などのお守りをプレゼントされてはいかがでしょうか。お父さんは何より喜ばれますし、大切な人を思う気持ちに神さまもご利益を授けてくださることでしょう。また、恋人やお友達とオンラインツールでは繋がっていても、あらためてお守りを贈ると、お互いの心はいっそう通じ合うのではないかと思います。

6月は雨や不安定な天気が続き、気持ちが塞ぎがちになるかもしれませんが、大切な人の顔を思い浮かべるとがんばれると思います。心と身体を健やかに、前向きな気持ちで毎日をお過ごしください。

▲目次へ

▼行事のお知らせ

  • 月例祭 えんむすび地主祭り(毎月第一日曜日午後2時)

    ※新型コロナウイルスへの対応といたしまして、中止とさせていただきます。
     なお、ご本殿での祭典は、悪疫退散、病気回復の祈願を合わせて執り行います。
     何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

  • 夏越しの大祓祭 6月30日(火) 祭典午後3時

 

  • 恋愛成就七夕祭 7月7日(火) 祭典午後2時
     

    それぞれのお祭りについて詳しくは、こちらへどうぞ
    ※新型コロナウイルスへの対応により、神事が大きく変更となる場合がございます。
     ご了承願います。

▲目次へ

→ 続きを見る

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより 令和2年5月号

date2020年5月1日

地主神社メールマガジン登録は右のサイドバー上部からどうぞ。
バックナンバーはこちらへ。

*******************************

◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
京都地主神社だより
~令和2年5月号~
NO.231 令和2年5月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


◆今月のご案内


▼今月の宮司の言葉

季節は新緑の5月になりました。本来であれば、清々しい季節を心から楽しみたいところですが、新型コロナウイルスにより、気持ちが塞ぎがちな方も多いと思います。

外出もままならない状況ですが、ご縁のあったお友達や恋人など大切な方とは、繋がっいただきたいと思います。一番簡単な方法は電話をすることですが、相手の顔を見ることができるWebツールを使用することをおすすめします。声を聞くことだけでも十分ですが、画面越しにでも相手の元気な様子を見ると、安心感も高まるでしょう。例えば「今日何食べた?」とか、他愛もない話をされるほうがリラックスできますし、複数人でオンライン食事会をするのも良いのではないでしょうか。

家で過ごす時間が増えたことを利用して、衣替えをしたり、部屋の模様替えをすればリフレッシュできることでしょう。この災難がいつまでも続くわけではありません。油断はしてはいけませんが、前向きな気持ちを持って、毎日を大切にお過ごしください。

▲目次へ

▼行事のお知らせ

5月「月例祭 えんむすび地主祭り」「例大祭地主祭り」神幸行列は新型コロナウイルス感染防止のため中止となりました。
本殿内での神事につきましは「悪疫退散」「病気回復」の祈願とともに執り行います。
また今後の祭典につきましても、変更、中止となることもございます。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

  • 月例祭 えんむすび地主祭り 6月7日(日) 祭典午後2時

    えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
    祭典ご参加の方に開運こづちを無料授与致します。

 

  • 夏越しの大祓祭 6月30日(火) 祭典午後3時

 

  • 恋愛成就七夕祭 7月7日(火) 祭典午後2時

    七夕祭「七夕こけし」受付中。
    詳しくは「七夕こけし」ご案内ページ

     

    それぞれのお祭りについて詳しくは、こちらへどうぞ
    ※新型コロナウイルスへの対応により、神事が大きく変更となる場合がございます。ご了承願います。

▲目次へ

→ 続きを見る

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより 令和2年4月号

date2020年4月1日

地主神社メールマガジン登録は右のサイドバー上部からどうぞ。
バックナンバーはこちらへ。

*******************************

◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
京都地主神社だより
~令和2年4月号~
NO.230 令和2年4月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


◆今月のご案内


▼今月の宮司の言葉

今年は、例年より早いソメイヨシノの開花により、あたたかな春を迎えています。新型コロナウィルスの不安もある中で新年度・新学期を迎え、落ち着かない日々を送られている方も多いのではないでしょうか。

そういったときは、やはり気分転換が必要です。気持ちの切り替え方としては、非日常に身を置くというより、プチ非日常の場所や過ごし方を探すことをおすすめします。

毎日の通勤通学のときに、ちょっと気にはなっていたけど、立ち寄るまではいかなかった場所、例えば、公園や川辺などで過ごしてみるのもいいかもしれません。最近は、コンビニのテイクアウトの飲み物なども充実しているので、それをお供にするとオープンカフェ気分でゆったりと過ごせます。朝、ちょっと早めに家を出て登校、出社の前に立ち寄って一日のスタートを切るとか、家に帰る前に立ち寄って心をリセットするのもいいでしょう。少し自然に触れることができれば、なお良し。季節の花々を見ると心が和みますし、ポジティブな気持ちにもなれるのではないでしょうか。

また、神さまのもとへ訪れるのもいいでしょう。清々しい気持ちになれます。おすすめの時間帯は午前中です。あまり混み合っていませんので、ゆったりとお参りしていただけます。

▲目次へ

▼行事のお知らせ

  • 月例祭 えんむすび地主祭り 4月5日(日) 祭典午後2時
     

    えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
    祭典ご参加の方に開運こづちを無料授与致します。

 

  • えんむすび祈願さくら祭り 4月12日(日) 祭典午後2時
               (午後2時より「えんむすび地主祭り」)
     ※本年の謡曲「田村」「熊野」の奉納は中止となりました。
     
  • 例大祭地主祭り 5月5日(祝)

    神幸行列 午後1時ご本殿前出発
    祭  典 午後2時30分頃ご本殿内にて

     

    それぞれのお祭りについて詳しくは、こちらへどうぞ
    ※新型コロナウイルスへの対応により、神事が大きく変更となる場合がございます。ご了承願います。

▲目次へ

→ 続きを見る

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより 令和2年3月号

date2020年3月1日

地主神社メールマガジン登録は右のサイドバー上部からどうぞ。
バックナンバーはこちらへ。

*******************************

◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
京都地主神社だより
~令和2年3月号~
NO.229 令和2年3月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


◆今月のご案内


▼今月の宮司の言葉

今年も早や、3月となりました。新型コロナウイルスの流行がなければ、今月の26日には東京五輪の聖火リレーもはじまり、2020年を象徴するイベントに、高揚感が湧きあがっていたことでしょう。

一方で、3月は年度末で、学生であれば卒業式や進級、社会人であれば異動や昇進など、環境の変化への準備時期でもあります。こんな時期に大切にしたいのは、心のゆとりです。気候が穏やかになることで、どうしても行動的になり、あれもしたい、これもしたいと休日はスケジュールを入れがちですが、不要不急の外出は控えて、数日何もせずに過ごしてみましょう。

バカンスの語源は「空っぽ」と言われています。何もしない時間を作ることで、心と体が整い、リフレッシュできるのです。

自分自身に何かを加えることを止めて、休息に徹すると、あとは充電するだけ。否応なく様々な変化が起こる4月を前に、しっかり休むのも大切なことです。決して消極的というわけではない、積極的に転ずるための休息を神様は見守ってくださいます。

▲目次へ

▼行事のお知らせ

  • 月例祭 えんむすび地主祭り 4月5日(日) 祭典午後2時
     

    えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
    祭典ご参加の方に開運こづちを無料授与致します。

     

  • えんむすび祈願さくら祭り 4月12日(日) 祭典午後2時
    (午後2時より「えんむすび地主祭り」)

    それぞれのお祭りについて詳しくは、こちらへどうぞ

▲目次へ

→ 続きを見る

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより 令和2年2月号

date2020年2月1日

地主神社メールマガジン登録は右のサイドバー上部からどうぞ。
バックナンバーはこちらへ。

*******************************

◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
京都地主神社だより
~令和2年2月号~
NO.228 令和2年2月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


◆今月のご案内


▼今月の宮司の言葉

今年は閏(うるう)年、2月が一日長く、29日まであります。また、2月23日は令和最初の天皇誕生日で、2月に祝日が一日増えました。このように、例年とは違う2月がはじまりました。この長くなり増えた一日を、いつもと違うことに使ってみてはいかがでしょうか?

例えば、本をあまり読まないという方は、読書をするのもいいでしょう。一日あれば読める本もあります。それをきっかけに読書の楽しさを実感できるかもしれません。また、旅行にあまり行かない方は、近場に行ってみるのもいいでしょう。最近は、日帰りできる旅行のプランもたくさんあります。非日常に身を置くことで、新たな発見があるかもしれません。

このように“いつもと違う”を体験すると、心の景色が少し変わると思うのです。そして、休んでいた好奇心が動き出し、ポジティブな方向へあなたを導いてくれるでしょう。

閏(うるう)年だけ、4年に一度だけ、めぐってくるこの一日を大切にしてみてください。おまけのような一日が、かけがえのない一日になるかもしれません。些細ことにでも前を向く人を神様は応援してくださいます。

▲目次へ

▼行事のお知らせ

  • 月例祭 えんむすび地主祭り 2月2日(日) 祭典午後2時
     

    えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
    祭典ご参加の方に開運こづちを無料授与致します。

 

  • 節分祭 2月3日(月) 祭典午後2時
  •  

  • 月例祭 えんむすび地主祭り 3月1日(日) 祭典午後2時
     

    それぞれのお祭りについて詳しくは、こちらへどうぞ

▲目次へ

→ 続きを見る

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより 令和2年正月号

date2020年1月1日

地主神社メールマガジン登録は右のサイドバー上部からどうぞ。
バックナンバーはこちらへ。

*******************************

◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
京都地主神社だより
~令和2年正月号~
NO.227 令和2年1月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●令和2年庚子(かのえね)年  あけましておめでとうございます。●


◆今月のご案内


▼今月の宮司の言葉

令和最初、そして2020年という新しい節目のお正月を皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?昨年は時代の転換を感じさせる様々な出来事がありましたが、今年も同様の、またそれ以上の変化があるかもしれません。

そんな時代に私たちは、どのような気持ちで毎日を過ごせばよいのでしょうか。大切なのは、時代に流され自分を見失わないことです。まずは自分というものをしっかり持ち、何がしたいのか、どうなりたいのか、どうなっていきたいのかを自問自答し、その上で変化を恐れず、果敢にチャレンジしていっていただきたいと思います。大切なのは、今の自分を否定せず、大切にすること。自分のままで、自分を変える。そのような心持ちで一年を過ごしていただきたいものです。

一方で、人は弱いものです。戸惑い迷うことも多いでしょう。そんな時には、神社へお参りに来てください。境内に満ち溢れるポジティブな空気に包まれることで、気持ちがリセットできて、心のフットワークも軽やかになることでしょう。

▲目次へ

▼行事のお知らせ

令和2年新春初詣
  • えんむすび初大国祭 1月1日~3日 祭典午後2時

 

  • 月例祭 えんむすび地主祭り 1月5日(日) 祭典午後2時

    えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
    祭典ご参加の方に開運こづちを無料授与致します。

 

  • 月例祭 えんむすび地主祭り 2月2日(日) 祭典午後2時

    それぞれのお祭りについて詳しくは、こちらへどうぞ

  • 節分祭 2月3日(月) 祭典午後2時

 

▲目次へ

→ 続きを見る

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより 令和元年12月号

date2019年12月1日

地主神社メールマガジン登録は右のサイドバー上部からどうぞ。
バックナンバーはこちらへ。

*******************************

◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
京都地主神社だより
~令和元年12月号~
NO.226 令和元年12月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


◆今月のご案内


▼今月の宮司の言葉

令和元年も残すところ一か月足らずとなりました。今年は、新時代の到来にふさわしくスポーツの大きなイベントで盛り上がりをみせ、賑やかな一年であった一方、平成から続いて自然災害に見舞われ、自然の脅威を感じざるをえない一年でもありました。みなさんはどんな一年を過ごされたでしょうか?

楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと…いろいろなことがあったと思います。当たり前のことですが、良いことは続いて欲しいし、良くなかったことは続いて欲しくないでしょう。そのような思いを一年の最後に、神さまへお願いしに行くのはいいかもしれません。この時期に神さまへのお願いは初詣では?と思われるかもしれませんが、“年末詣”もおすすめです。

良い一年であった人は「ありがとうございました」とお礼を申し上げに。いつもと変わらない一年であったという人も、無事に過ごせたことに、やはり「ありがとうございました」と感謝の気持ちをお伝えしましょう。

年末に家の中をお掃除するように、お参りすることで心の中の余計なものを掃き清め新しい年を迎える。年が変わった時に福が入り込みやすいイメージがわいてきませんか。もちろん、初詣にお参りされても神さまはご利益を授けてくださいますが、年末の25日頃まではやや人出も落ち着いていますし、年末の慌ただしさから少しの間離れて、新年の幸福をお祈りされてはいかがでしょうか?

▲目次へ

▼行事のお知らせ

  • しまい大国祭 12月1日(日) 祭典午後2時

 

  • 大祓祭 12月31日(火) 祭典午後3時

 

令和2年新春初詣
  • えんむすび初大国祭 1月1日~3日 祭典午後2時

 

  • 月例祭 えんむすび地主祭り 1月5日(日) 祭典午後2時

    えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
    祭典ご参加の方に開運こづちを無料授与致します。

     

    それぞれのお祭りについて詳しくは、こちらへどうぞ

▲目次へ

→ 続きを見る

縁結び 恋愛成就 京都地主神社だより 令和元年11月号

date2019年11月1日

地主神社メールマガジン登録は右のサイドバー上部からどうぞ。
バックナンバーはこちらへ。

*******************************

◇◆◇神・こころ・ひと・日々新たに◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
京都地主神社だより
~令和元年11月号~
NO.225 令和元年11月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


◆今月のご案内


▼今月の宮司の言葉

11月、木々が色づき始めると、一年の終わりが近づいていることを感じることでしょう。そして来年は、令和2年であり2020年。11月は、“平成から令和”とは違った新しい時代の到来を感じ始める月にもなると思います。

このような11月をみなさんは、どのように感じ、過ごされますか?大きな時代の変わり目に立ち会ったタイミングの良さを、もっと楽しんでもいいのかもしれません。

例えば今年の前半、結婚を平成までにするか令和からにするかが一つの話題になりましたが、これも時代の変わり目の楽しみ方だったと思います。もし、今年が楽しかったと言えないとすれば、それは少し楽しむ力が足りなかったから。狭い周囲の空気を読むことより、時代の空気をつかむ気持ちで自分をアピールすれば、もっと楽しむことができるかもしれません。

秋から冬へ。11月の凛とした空気に包まれた神社へ参拝し、高らかに鈴をならしながら参拝すると神様に気持ちが届き、そんなあなたを応援してくださるはずです。

▲目次へ

▼行事のお知らせ

  • 月例祭 えんむすび地主祭り 11月3日(日) 祭典午後2時

    えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
    祭典ご参加の方に開運こづちを無料授与致します。

     

  • もみじ祭り 11月23日(祝) 祭典午後2時
  •  

  • しまい大国祭 12月1日(日) 祭典午後2時
     

    それぞれのお祭りについて詳しくは、こちらへどうぞ

▲目次へ

→ 続きを見る

京都地主神社
メールマガジンの登録

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ