Now Loading...
line

アーカイブ2006年6月4日

6月4日えんむすび地主祭り

date2006年6月4日

地主神社巫女神鈴の儀えんむすび地主祭り」の今日は、くもり空からときおり薄日がさし、気温もそれほど上がらず過ごしやすいお天気となりました。
祭典にも多数ご参拝ただきました。
「穢れという言葉が、神道ではよく使われますが、誤解も多いように思います。お身内に不幸があったり、ご自身の体調が悪いとき、鳥居をくぐるなといわれます。こういった事をケガレとされとされているからですが、これは、気分がすぐれないとき、気が滅入っているような時に、神社にお参りしても、意味がありませんよ、ということです。何かを忌み嫌っている訳ではありません。過去には女性をケガレとしたケースもありますが、それはケガレの本来の意味からすると間違っています。男女の区別なく、人は皆、元々清らかな魂を持っているのです。」との宮司のことばがございました。
 
次回の「えんむすび地主祭り」は、7月2日(日)午後2時からです。どうぞご参拝くださいませ。

えんむすび地主祭り玉串拝礼
  ★「えんむすび特別祈願」受付中。詳しくは、ご祈願ページ
 
  【行事予定】
    6月30日(金) 夏越しの大祓い祭 祭典午後3時
 
    7月 7日(金) 恋愛成就七夕祭 祭典午後2時
 
      ☆地主神社お祭りについてはこちら
                                       えんむすび地主祭りお祓い
 
 
 
 
 
 
                                                                
                                                              

京都地主神社
メールマガジンの登録

2006年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ