Now Loading...
line

アーカイブ2007年2月11日

地主神社内 栗光稲荷社 家内安全・商売繁盛 初午祭

date2007年2月11日

初午祭 宮司祝詞地主神社境内の末社「栗光稲荷社」初午祭を執り行いました。
午後1時より家内安全・商売繁盛を祈願する祭典がありました。
「社会や家庭内で様々な事件が起こっております。氏子や清水地域の皆さんがこうして神様への崇敬のお心をお持ち頂き、協力して神事をして頂くことが、かつての日本人の心を取り戻す事であり、ご家庭や地域の安定、安全の礎となります。皆様のご家内の安全、ご商売の繁盛をお祈り申しあげます。」との宮司の言葉がございました。
 
初午祭 拝礼神事の後、ご参拝の方に生姜湯がふるまわれました。比較的暖かい日でしたが、熱い生姜湯にご参拝の皆さんもほっこりされているご様子でした。
また福引き抽選会もあり、氏子町内の皆さんやお子さんがお越しになりたのしんでおられました。
皆様方の家内安全・商売繁盛・家庭円満をお祈り申し上げます。
                                                               
初午祭 巫女神鈴の儀                                                                  
                                                                
                                                              
    ★「家内安全・商売繁盛特別祈願」受付中。
       詳しくは、ご祈願ページ
 
 
  
 
栗光稲荷社 初午祭fukubiki 
 
 
 
 
 
 
                            
                                                               
 
 

梅の開花

date2007年2月11日

梅の花が満開になっています。今年は暖冬の影響で例年にな
くはやい開花となりました。
世界各地で異常気象となっているようですが、ここ京都の東山でも、木々や花々に接していると非常に異常なものを感じます。地球の自然環境は、かなり危機的なところにきているのではないかと思わざるを得ません。去年の紅葉も12月下旬までみられました。ほんの10年ほどまえなら、12月に紅葉というのはあり得ませんでした。
温暖化を取り上げた映画も話題になっているようですが、みなさんの身近な自然にもおそらくそういう兆候が見られるはずですので、ちょっと目を向けてみてください。
 
 

京都地主神社
メールマガジンの登録

2007年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ