えんむすびの神さま 京都地主神社
参拝時間 午前9時~午後5時

メイン

バックナンバー

京都地主神社だより~平成13年12月号~号外

2001年12月08日メルマガ

=============================================
           京都地主神社だより
          ~平成13年12月号号外~
       NO.005 平成13年12月8日発行 発行部数:294
=============================================
———————————————————
        ◆号外のご案内
          ▼新宮ご誕生奉祝
          ▼J-SKY用ページのOPEN
          ▼紅葉だより
———————————————————
 
▼新宮ご誕生奉祝
 
奉祝 皇孫殿下のご誕生おめでとうございます。
皇室の弥栄を心よりお祈り申し上げます。 地主神社
 
  ★新宮ご誕生奉祝の垂れ幕を設置
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/tayori/taremaku.jpg
 
▼J-SKY用ページのOPEN
 
i-mode用ページと同内容で、J-SKY用のホームページをOPENしました。
J-SKYユーザの皆様、今日の運勢や今月のお告げなどでお楽しみください。
 
  ★J-SKY用ページのURLは下記のとおりです。
  http://www.jishujinja.or.jp/j/
 
▼紅葉だより
 
今年の地主神社周辺の紅葉開始時期は11月中旬で、見頃は11月下旬でした。
現在でも少し残っています。
今年は例年並みで、境内のあちこちで「きれい!」という声が聞かれまし
た。
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記
雅子様ご出産のNEWSは、暗いNEWSの多かった2001年の最後に
明るい話題でこちらまでほのぼのとしてきました。
敬宮(としのみや)愛子(あいこ)様とお名前も決まりました。
宮様がこれからお健やかにお育ちになることと来年はこのような
明るい話題が多いことを心より祈念しています。(H)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

京都地主神社だより~平成13年12月号~号外|メイン

京都地主神社だより~平成13年12月号~

2001年12月01日メルマガ

=============================================
           京都地主神社だより
            ~平成13年12月号~
       NO.004 平成13年12月1日発行 発行部数:290
=============================================
———————————————————
        ◆今月のご案内
          ▼今月の宮司の言葉
          ▼行事のお知らせ
          ▼年末年始参拝時間のご案内
          ▼神様の基礎知識--カミダス
              ◇お参りの作法
———————————————————
▼今月の宮司の言葉
 
平成13年12月いよいよ迎春準備に取りかかる、師走がやってきました。
自分の一年を振り返り、四季が巡り、春夏秋冬一年を振り返る月でもあり
ます。
 春のような喜び事がつづいたり、冬雨のような最愛の人とと別れを惜し
み淋しく、悲しむことなど悲喜こもごもの人生の旅の毎日であります。
喜びも悲しみも走馬燈のごとく今年も行き過ぎて参ります。
 冬至はいうまでもなく、太陽の日射時間が1年で一番短く、日の光も
大変弱く感じられます。古代人は大変不安に感じたに違いありません。
洋の東西を問わず、冬至の頃は火祭りを行うなどして、太陽の光が再び
強くなることをお神様にお祈りしたのです。
 天の恵みを得ることで、厳しい冬の季節を乗り切り、新しい豊穣の
季節を待つという意味も考えられます。神嘗祭が純粋に収穫感謝する
秋祭りにたいし、新嘗祭は収穫感謝とともに、威光を増していく太陽の
もと新しい年の豊作を祈る「冬祭り」でもありました。
 さて、今年の春の喜びごとは、皇太子妃雅子様のご懐妊で国民は心から
ご祝福で沸き立ちました。おめでたい限りでございます。ご祝福申し上げ
ます。
 喜びに反し突如世界に深い衝撃を与えた悲しい事件9月11日の同時多発
テロは、多数の罪もない一般市民を巻き添えにした、残虐卑劣なテロ行為
でした。それらの犠牲者や救出のために努力され犠牲になられた方々に
衷心より哀悼の誠を捧げます。
 世界国々の為政者の英断と平和を願う全世界の人々の祈りによって、
解決の道が明るく照らされますようお祈り申し上げます。
 
            地主神社宮司   中川 平
 
 ★「今月の宮司の言葉」のバックナンバーはHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→神社だより→今月の宮司の言葉バックナンバー
 
▼行事のお知らせ
 
 ・しまい大国祭 平成13年12月2日  祭典午後2時~
  ★お祭りの時の写真です。
    http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/gyoji/momi.jpg
 
 ・大祓祭 平成13年12月31日 祭典午後3時~ 
 ・元旦祭 平成14年1月1日   祭典午前8時~ 
 ・えんむすび初大国祭 平成14年1月1日~3日  祭典午後2時~ 
 ・成人祭 平成14年1月14日 祭典午後2時~ 
 
 ★それぞれのお祭りについて簡単な説明と写真がHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→年中行事
 
▼年末年始参拝時間のご案内
 
平成13年12月31日 午後5時30分 一旦閉門 午後10時  再び開門
翌平成14年1月1日 午後5時30分まで参拝できます。
 
1月2日以降は通常通りの参拝時間となります。
(午前9時から午後5時30分)
 
▼神様の基礎知識--カミダス
 
このコーナーへのご質問が、多数寄せられています。
随時基本的なことから順にお答えしていきたいと思います。
今回はお参りの作法です。
 
◇お参りの作法
 
まず神様に拝礼する前に、手水所で手などを清めます。
柄杓に水をくみ左手、右手をそそぎ清め、さらに柄杓の水を手に取り
その水で口をすすぎます。
これはお祓いの儀式と言っても良いでしょう。
ごく稀ですが、楼門の前に祓串(はらいぐし;神主がお祓いの時に
手に持って左、右とふっているあれです。)が置かれていることが
あるのですが、自祓い用で自分で左右左とふってお祓いするための
ものです。地主神社では祓戸大神社(はらえどおおかみしゃ)に
自祓い用の祓串が置かれています。
さて、ご神前での拝礼の作法ですが、一般的には二礼二拍手一拝です。
まず二度頭を下げ、二度手をたたき、もう一度頭を下げる、という
ものです。
ただし、神社によっては、少し違った作法で拝礼することがあります。
手を四度たたいたりと、各神社に特有の作法もあるのです。
また、間違った作法で拝礼すると罰が当たるかというと決してその
ようなことは、ありません。
心からの神様への敬いの気持ちが表れた形であれば、極端な話ですが
たとえ十字を切られても、日本の神様は、お怒りになることはない
でしょう。
八百万の神という多神教の日本の神々は、異なる宗教の神や儀礼を
決して忌み嫌うということがなく、物事の多様性に寛容だからです。
 
 ★前回の内容については、バックナンバーでご覧下さい。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000075839
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記
紅葉の季節もそろそろ終わり、地主神社では鳥居の注連縄の
かけかえを終え、すでに迎春準備が、はじまっています。
12月2日しまい大国祭でこの注連縄のお祓いや新春の午の
エト絵馬の授与も始まります。
あわただしいですが、よい新年をお迎えください。(I)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

京都地主神社だより~平成13年12月号~|メイン