えんむすびの神さま 京都地主神社
参拝時間 午前9時~午後5時

メイン

バックナンバー

京都地主神社だより~平成14年3月号~号外

2002年03月13日メルマガ

=============================================
           京都地主神社だより
          ~平成14年3月号号外~
       NO.009 平成14年3月13日発行 発行部数:431
=============================================
———————————————————-
        ◆号外のご案内
          ▼花だより更新
———————————————————-
▼花だより更新
 
 ここのところの陽気で、いろいろな花が開花しました。
 近くにお越しの際は、ぜひお寄りください。
 HPにそれぞれの花の写真を掲載しています。
 ぜひご覧下さい。
 
 ・「枝垂れ梅」(3/2の写真)
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/shidae.htm
 
 ・「紅白梅」(3/2の写真)
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/kohaku.htm
 
 ・「サクランボ」(3/3の写真)
  花期は非常に短く、むしろ4月の下旬になる実の方が
  鑑賞価値があるかもしれません。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/sakuranbo.htm
 
 ・「サンシュウ」(3/3の写真)
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/sanshu.htm
 
 ・「ミツマタ」(3/3の写真)
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/mitsu.htm
 
 ★花だよりとしてHPでコメントと写真を公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  (HPには去年の桜だよりもございます。これをご参考に
   お花見にぜひお越しください。)
 
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→花だより
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記
  梅の季節です。とともに、春の訪れを感じるころですね。
  春の野草(ふきのとう、よもぎなど)もこれから楽しみです。
  春の野は、命の息吹を感じることのできる清々しいところです。
  やっかいなのは、近年花粉症の季節となってしまったこと
  でしょうか。こちらでは、花粉の最盛期は過ぎたようです。ふ~。(H)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

京都地主神社だより~平成14年3月号~号外|メイン

京都地主神社だより~平成14年3月号~

2002年03月01日メルマガ

============================================
           京都地主神社だより
            ~平成14年3月号~
       NO.008 平成14年3月1日発行 発行部数:423
============================================
———————————————————
         ◆今月のご案内
          ▼今月の宮司の言葉
          ▼行事のお知らせ
          ▼神様の基礎知識--カミダス
             ◇柏手(かしわで)
———————————————————
▼今月の宮司の言葉
 
厳しい冬もようやく緩み、正月、節分、立春そして3月は彼岸を迎える
月となります。桜の開花の待ち遠しい季節ですが、地主神社周辺も、
ご先祖様へのお参りの方で、たくさんの人出となります。
 
また地方によってはこの季節に「ぼた餅」を食べる習慣が残っています。
これは「ぼた餅」を太陽にみたてたもので、古い太陽信仰の名残と言わ
れています。
春秋の彼岸の日、太陽は真東から昇り、真西に沈みます。
この季節の変わり目にご先祖様の霊慰め、豊作の祈願や感謝を込めて
「ぼた餅」をお供えし、食したのでしょう。
 
季節の移り変わりを、神やご先祖のご加護と感じた日本人の豊な心、
信仰心を偲ばせます。
 
            地主神社宮司   中川 平
 
 ★「今月の宮司の言葉」のバックナンバーはHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→神社だより→今月の宮司の言葉バックナンバー
 
▼行事のお知らせ
 
 ・えんむすび地主祭り 平成14年3月3日 祭典午後2時~
 ・えんむすび地主祭り 平成14年4月7日 祭典午後2時~
 ・えんむすび祈願さくら祭り 平成14年4月21日 祭典午前10時~
 
 ★えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
  「縁のふしぎ」などの宮司のお話がございます。
  お祓いを受けた方に開運こづちをプレゼント!
 
 ★それぞれのお祭りについて簡単な説明と写真がHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→年中行事
 
▼神様の基礎知識--カミダス
 
◇柏手(かしわで)
 
神社で神様に参拝する時、手をたたきます。
このことを、柏手を打つといいます。
お寺に参拝した時の作法と最も象徴的に違う作法ではないでしょうか。
この柏手も神道が、古代の信仰を継承している証となるものです。
手をたたくその波動で神様のご霊力を呼び覚まし、ご利益をいただこ
うとするです。これは古代の宗教的な指導者、統治者、いわゆるシャー
マンが行った呪術に通じるものだといわれています。
 
ご祈願やお祭りの前に太鼓がたたかれますが、これも同じ意味をもって
います。さらに芝居の幕を開く時にたたかれる拍子木も、この神様を
お迎えする作法が起源と言われています。
 
ご参拝される皆様のお願い事や、感謝の気持ちが通じますように、神社
の神様の前では、できるだけ元気よく、大きく手をたたいてください。
また正式な作法では二礼二拍手一拝となっていますが、たくさん手を
たたいた方が神様のお耳に届きやすいかもしれません。
 
 ★前回の内容については、バックナンバーでご覧下さい。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000075839
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記
福寿草が咲きました。新芽がふいてすぐに黄色い花を
つけるので、背が低く、やや地味ですが
かえってそれが、厳しい冬を乗り越えた力強さを
感じさせます。北海道のアイヌ民族でも春と幸福を
呼ぶ花とされているそうです。(I)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

京都地主神社だより~平成14年3月号~|メイン