えんむすびの神さま 京都地主神社
参拝時間 午前9時~午後5時

メイン

バックナンバー

京都地主神社だより~平成14年5月号~

2002年05月03日メルマガ

============================================
           京都地主神社だより
            ~平成14年5月号~
       NO.012 平成14年5月3日発行 発行部数:446
============================================
———————————————————
        ◆今月のご案内
          ▼今月の宮司の言葉
          ▼行事のお知らせ
          ▼神様の基礎知識--カミダス
           ◇注連縄(しめなわ)
          ▼花だより
———————————————————
▼今月の宮司の言葉
 
京都の町は、5月に入ると春祭り一色となります。
5月5日の「地主祭り」は、今をさかのぼる1千年前、
円融天皇が行幸された際、臨時祭を執行、その後定式となり、
現在の例大祭となっています。
 
地主神社の幟を先頭に宮司、神官、巫女の他、子供みこし、
稚児、武者とも合流し、平安雅楽会の奏する雅楽の調べも
賑やかに、清水坂、三年坂、茶わん坂、二年坂付近を練り
歩き、ご神徳の高揚をご祈念申し上げます。
また行列中の「白川女(しらかわめ)」の花使いは、境内の
「地主桜」を御所に献上し、歴代天皇をお慰め申し上げた
故事によるものです。
 
当日ご本殿での例大祭では、祝詞を奏上し、家内安全、
商売繁盛、良縁達成を祈願、あわせて世界の平和、人類の
幸福をご祈願致します。どうぞ皆様ご参拝くださいませ。
 
  宗盛も車も見ゆれ 地主祭り       紫暁
  影清は 地主祭りにも七兵衛       太祇
  押しあふて 車やどりや 地主祭り    瓜流
 
            地主神社宮司   中川 平
 
 ★「今月の宮司の言葉」のバックナンバーはHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→神社だより→今月の宮司の言葉バックナンバー
 
▼行事のお知らせ
 
 ・例大祭地主祭り   平成14年5月5日
       午後1時神幸列(神官、巫女、白川女、雅楽)本殿前出発
       清水道、三年坂、二年坂、茶わん坂を、武者、稚児、御輿
       と共に巡行、その後地主神社に戻り、祭典
 ・えんむすび地主祭り 平成14年6月2日 祭典午後2時~
 ・大祓祭 平成14年6月30日 祭典午後3時~
 
 ★えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
  「縁のふしぎ」などの宮司のお話がございます。
  お祓いを受けた方に開運こづちをプレゼント!
 
 ★それぞれのお祭りについて簡単な説明と写真がHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→年中行事
 
▼神様の基礎知識--カミダス
 
◇注連縄(しめなわ)
 
神社というと、わらなどでつくられた縄に白い紙でできた
紙しでを垂らされている注連縄も一つの特徴でしょう。
神仏習合の影響もあり、お寺でも見られますが、もとは
神道のものです。
聖なる場所をはっきり示すために張られるもので、
神話の天の岩戸伝説にもみえます。
 
正月に玄関先に(あるいは車にも)飾られるお家も多い
かと思います。
それらにはミカンやダイダイあるいは地方よっては、
伊勢エビや昆布等をいしょに飾る風習もありますが
新年の豊作を祈念した風習とされています。
 
縄の部分は「雲」を、節ごとにたらされるわらは、「雨」
紙しでは、「雷」を表すともいわれています。
こうした自然の現象に、人々の営みが、大きく左右され
意識せざるを得なかった太古の、自然崇拝の頃のなごり
なのです。
 
 ★前回の内容については、バックナンバーでご覧下さい。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000075839
 
▼花だより更新
 
  次々と春の花が咲いています。GWにお時間がありましたら、
  ぜひ鑑賞においでくださいませ。
 
 ・「コデマリ」(4/29の写真)
  小さな白い花があつまって、小さなまりの様に見えます。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/kode.htm
 
 ・「サツキ・ツツジ」(4/29の写真)
  開花が2週間ほどはやまりました。(例年5月はじめに開花です。)
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/tutuji.htm
 
 ・「キンギンボク」(4/29の写真)
  赤い実がハート型に2つ寄り添った様になるので縁結びの木
  として植えられています。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/kingin.htm
 
 ・「妹背桜(イモセザクラ)」(4/12の写真)
  八重桜の中でも最後の開花となりました。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/imose.htm
 
 ・「ヒメリンゴ」(4/12の写真)
  白花が美しい。赤いゴルフボール大の実がなり
  こちらも可愛らしい。ただし食べられません。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/hime.htm
 
 ★花だよりとしてHPでコメントと写真を公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記
5月はお祭りのシーズン。今年は開花の早まった、ツツジ、サツキが
一層お華やぎをそえることになりそうです。
それにしても、暦で花が咲くのではないという、当たり前のことを
痛感させられた春となりました。(I)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

京都地主神社だより~平成14年5月号~|メイン