えんむすびの神さま 京都地主神社
参拝時間 午前9時~午後5時

メイン

バックナンバー

京都地主神社だより~平成14年9月号~

2002年09月02日メルマガ

==============================================
           京都地主神社だより
            ~平成14年9月号~
       NO.016 平成14年9月2日発行 発行部数:520
==============================================
———————————————————–
        ◆今月のご案内
          ▼今月の宮司の言葉
          ▼行事のお知らせ
          ▼神様の基礎知識--カミダス
             ◇神様のご分類(その2)
          ▼お正月の参拝時間変更のお知らせ
———————————————————–
▼今月の宮司の言葉
 
神道の本質は、自然崇拝です。奈良の大神神社なども三輪山を
ご神体と仰いでいます。
人の誕生から、さらに生命の誕生という歴史をさかのぼれば、
私たち祖先は、自然と同根といえます。
そういう意味で、自然崇拝と先祖崇拝は、同じ信仰を指して
いるのです。
 
地主神社の歴史は古く、京都でも最古に属します。
境内地は、「宝来山」と呼ばれ縄文期から不老長寿の霊山として
信仰されていました。
この古い土地や自然へ信仰が、先祖崇拝と結びつき、さらに自分
自身の不老長寿への信仰となったのでしょう。
 
9月15日敬老の日、地主神社では宝来山に因み、敬老祭を執り
行います。
ご先祖への感謝、生かされている事への感謝と、ご自身の健康
長寿の祈願に是非、ご参加頂きたいと存じます。
 
            地主神社宮司   中川 平
 
 ★「今月の宮司の言葉」のバックナンバーはHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→神社だより→今月の宮司の言葉バックナンバー
 
▼行事のお知らせ
 
 ・えんむすび地主祭り 平成14年9月1日 祭典午後2時~
 ★えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
  「縁のふしぎ」などの宮司のお話がございます。
  お祓いを受けた方に開運こづちをプレゼント!
 
 ・敬老祭 平成14年9月15日 祭典午後2時~
★70歳以上の方には『長寿箸』『開運こづち』を無料授与します。
 
 ・えんむすび地主祭り 平成14年10月6日 祭典午後2時~
 
 ★それぞれのお祭りについて簡単な説明と写真がHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→年中行事
 
▼神様の基礎知識--カミダス
 
◇神様のご分類(その2)
 
神様をそのご性格で分類すると、和魂(にぎみたま;和御霊とも
書く)と荒魂(あらみたま;荒御霊)になります。
和魂は、神様のおやさしい、温和な霊力を指し、荒魂は、勇猛さの
反面、粗野で、時には人に祟りを及ぼすような霊力であり、神の
「怒り」を示しているともいわれます。
和魂は、さらに人に幸福をもたらす幸魂(さきみたま)と人に霊力
など不思議な力を与える奇魂(くしみたま)に分類されます。
 
┌─和魂(にぎみたま)───┬──幸魂(さきみたま)
│ │
│ └──奇魂(くしみたま)
└─荒魂(あらみたま)
 
和魂と荒魂は、元来一つの神の2つの側面を表したものです。
後に荒魂の霊力のみをもつ神がまつられるようにもなりました。
元々神道は太陽などの自然を神と仰ぎ、自然現象などにその霊力を
感じ取ってきました。自然は日々の恵みをもたらしてくれると共に、
時に、風水害、落雷、地震、など大規模な災害をもたらします。
そのような自然の姿が、古代の人々の神への信仰に大きな影響を
与えたのではないでしょうか。
人々に不利益を与える面も、荒魂としてお祀りしたのは、厳しい
自然現象からも、神のパワー感じたからでしょう。
 
和魂と荒魂の祭祀は、神や自然への感謝と恐れの気持ちと共に、
それらへの、深い洞察を示しているのです。
 
 ★前回の内容については、バックナンバーでご覧下さい。
http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/mailma/mailma.htm
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000075839
 
▼お正月の参拝時間変更のお知らせ
 
少し早いですが、年末年始のご案内です。
真夜中の参拝ができなくなります。ご注意ください。
========================================
= 本年平成14年々末より、12月31日午後10時より =
= 翌1月1日午前9時までのご参拝ができなくなります。 =
= 初詣は元旦以降の午前9時から午後5時までにご参拝 =
= くださいませ。 =
========================================
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記
8月中頃から京の夏には珍しく秋の様な爽やかな
気候になりました。
降水もあり、木々も少し潤って一息ついている様。
酷暑も辛いですが、涼風がたち、
日の入りの時間が早くなると少し寂しい感じも・・・。(I)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

京都地主神社だより~平成14年9月号~|メイン