えんむすびの神さま 京都地主神社
参拝時間 午前9時~午後5時

メイン

バックナンバー

京都地主神社だより~平成14年10月号~号外

2002年10月07日メルマガ

==============================================
           京都地主神社だより
          ~平成14年10月号号外~
       NO.018 平成14年10月7日発行 発行部数:537
==============================================
 
———————————————————–
        ◆号外のご案内
          ▼花だより更新
———————————————————–
▼花だより更新
 
 少しづつ過しやすくなり、それとともにあちこちでキンモクセイの
 香りがする季節となりました。
 地主神社の境内にもキンモクセイの花があり、満開となりました。
 近くにお越しの際は、ぜひお寄りください。
 HPにそれぞれの花の写真を掲載しています。
 ぜひご覧下さい。
 
 ・「キンモクセイ」(10/5の写真)
  10月3日満開となりました。いい香りがするのは、
  4~5日と短いのですが、気温が高くさらに短くなるかもしれません。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/kinmoku.htm
 
 ・「マツバギク」(10/5の写真)
  4月の下旬から11月まで花を咲かせます。
  5月と、この10月が一番花の数は、多いようです。
  http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/jishu/hana/matsuba.htm
 
 ★花だよりとしてHPでコメントと写真を公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
 
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→花だより
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記
  暑さ寒さも彼岸までといいますが、ここ数日は暑いと感じる
  日差しです。
  地球温暖化の影響なのか、なかなか季節感がつかみにくくなって
  きている気がするのは私だけでしょうか。
  さて、今年の紅葉は美しくひろがってくれるでしょうか?(H)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

京都地主神社だより~平成14年10月号~号外|メイン

京都地主神社だより~平成14年10月号~

2002年10月03日メルマガ

==============================================
           京都地主神社だより
           ~平成14年10月号~
       NO.017 平成14年10月3日発行 発行部数:536
==============================================
 
———————————————————–
        ◆今月のご案内
          ▼今月の宮司の言葉
          ▼行事のお知らせ
          ▼神様の基礎知識--カミダス
             ◇左と右の話
          ▼お正月の参拝時間変更のお知らせ
———————————————————–
▼今月の宮司の言葉
 
昨年の米国のWTCなどに対するテロ事件以降、国際情勢が
不安定な局面を迎えています。
そのような中、歴史的な日朝首脳会談が行われました。
 
日本人拉致事件の一刻も早い真相究明を政府に望みますと
同時に、アジアの平和、安定に向けた努力を期待します。
 
平和への祈りを込め、12の宗教団体が所属します、近畿
宗教連盟総会におきまして、採択された「21世紀宣言」
の要旨をここにご紹介させて頂きます。
 
「21世紀の黎明を迎えんとするとき、全世界は不幸なる
事象に覆い尽くされている。
この困難なる時機にこそ、人間生活の中心となり幸せの根源
となる宗教者の使命は、誠に重大なりとの思いを強くする
ものである。
(中略)
21世紀は心の時代でなければならない。今こそ共に生か
され、共に生きる共生の理想を掲げ、邁進する事こそ宗教者に
課せられた使命であることを自覚し、一人一人の持つ素晴
らしい人間性を尊重し、他の人を愛する心の大切さを、伝え
広めるよう努力することを約束する。
異なる宗教と宗教がその垣根を越えて相和し、世界の平和・
人類の幸福に貢献するべく宗教対話・宗教協力を推進せん
ことを約束する。
 
神仏に仕える宗教者として、過ぎ行く世紀の総懺悔をすると
共に、新世紀に真の恵沢を享受し得る平和郷の到来を願い、
真摯に祈りを捧げる事を誓い合って21世紀宣言とす。」
 
この宣言は、2000年11月神戸生田神社会館において
満場一致で採択されたものです。
(議長・中川平近畿宗教連盟副理事)
 
            地主神社宮司   中川 平
 
 ★「今月の宮司の言葉」のバックナンバーはHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→神社だより→今月の宮司の言葉バックナンバー
 
▼行事のお知らせ
 
 ・えんむすび地主祭り 平成14年10月6日 祭典午後2時~
 ★えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
  「縁のふしぎ」などの宮司のお話がございます。
  お祓いを受けた方に開運こづちをプレゼント!
 
 ・えんむすび地主祭り 平成14年11月3日 祭典午後2時~
 
 ・もみじ祭り 平成14年11月23日 祭典午後2時~
 
 ★それぞれのお祭りについて簡単な説明と写真がHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→年中行事
 
▼神様の基礎知識--カミダス
 
◇左と右の話
 
神道の作法では、神様に近い方を上位、正中(神様の中心を
まっすぐのばしたライン、大変貴いラインとされる)を上位、
そして神様に向かって右を上位としています。
また、神道に限りませんが、白衣は左襟を上にきます。
これは、左を上位と見なしているからともいわれます。左右
のどちらを上位とするかは、日本が他の地域から受け入れた
文化、宗教などが大きな影響を与えているとされています。
 
ここで少し気をつけなければならないのは、何を基準にするか
で左右が逆になるということです。
神様に向かって左という事は、神様からは、右ということに
なります。
因みに、地図で京都市を見ると右京区が左、左京区が右に
見えます。これは、御所を基準にされているためです。
 
現在では、日常の中でも右を上位とする作法・文化と左を上位
とする作法・文化があります。
これは、大陸の異なる地域の影響をそれぞれの時代に受けて
きたからなのです。
 
高松塚古墳の有名な美人画は右襟を上に描かれています。
7世紀頃までは、右を上位とする文化があったのでしょう。
右を上とするのは大陸北部の騎馬民族の文化の影響であり、
左を上とするのは中国南部の道教の文化の影響ともいわれて
います。
 
日本人の習慣や、神道の中の左右にも様々な地域の文化の影響
を受けた証があるのです。
 
 ★前回の内容については、バックナンバーでご覧下さい。
http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/mailma/mailma.htm
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000075839
 
▼お正月の参拝時間変更のお知らせ
 
少し早いですが、年末年始のご案内です。
真夜中の参拝ができなくなります。ご注意ください。
===========================================
= 本年平成14年々末より、12月31日午後10時より =
= 翌1月1日午前9時までのご参拝ができなくなります。 =
= 初詣は元旦以降の午前9時から午後5時までにご参拝 =
= くださいませ。 =
===========================================
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記
季節はずれのアジサイが咲きました。
桜の花が咲いた所もあったようです。
花は愛らしいのですが、近頃の環境問題を思うと、
すこし気味悪くも感じます。(I)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

京都地主神社だより~平成14年10月号~|メイン