えんむすびの神さま 京都地主神社
参拝時間 午前9時~午後5時

メイン

バックナンバー

京都地主神社だより~平成16年3月号~

2004年03月01日メルマガ

                         ◇◆◇ 神・こころ・ひと 日々新たに ◇◆◇
===================================================
             京都地主神社だより
             ~平成16年3月号~
            NO.037 平成16年3月1日
===================================================
        
—————————————————————-
     ◆今月のご案内
        ▼今月の宮司の言葉
        ▼行事のお知らせ
         ▼神様の基礎知識—カミダス
             ◇原初の神々 その1    
         ▼「季節の絵はがき」春バージョンに
—————————————————————-
▼今月の宮司の言葉
 
 うららかな季節を迎え、もうすぐ桜の咲く頃となりました。
 春、特に3月は、さまざまな人との出会いがあると同時に、別れを迎える
 季節といえるかもしれません。中には恋人との別れを経験する人も
 いらっしゃるでしょう。それは、とてもつらい経験ですね。自分を責め、
 後悔したり、自分の至らなかった部分を見つめ直したりされると思います。
 
 ただ、相手からの言葉にひどく傷つき、恋をすることにためらいや恐れを
 感じたり、自分は欠点だらけで愛される資格がないなどと、恋に臆病に
 ならないでください。あなたは、この経験を通して心の痛みを知り、
 自分と真剣に向きあうことで、人間性にも磨きがかかり魅力的に
 なるでしょう。そして、次はもっとあなたにふさわしい相手と巡り合い、
 素敵な恋に出会えます。前の恋は、そのステップだったのです。
 だからこそ、多くの人との出会いを大切にしてください。
 
 別れを経験して、本当の優しさとは何かを知ったあなたの魅力に、
 相手は気付くはずです。今はまだ、心の傷が癒えていない人も、
 ゆっくりでいいですから、新たなスタートを踏みだしてください。
 
 神さまは、良縁を願い、積極的に生きていく人に必ず幸せを与えて
 くださいます。新たな一歩を進んで、良縁の花を咲かせてください。
 出会いの春は、すぐそこまで来ています。
           
地主神社宮司 中川 平
 
 
 ★「今月の宮司の言葉」のバックナンバーはHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  → http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/mailma/mailma.htm
 
 
 
▼行事のお知らせ
 
  ・えんむすび地主祭り 3月7日 祭典午後2時~
 
★えんむすび地主祭りは毎月第一日曜日です。
「縁のふしぎ」などの宮司のお話がございます。
祭典ご参加の方に方に開運こづちを無料授与致します。
 
  ・えんむすび地主祭り 4月4日 祭典午後2時~
 
  ・えんむすび祈願さくら祭り 4月18日 祭典午前10時~
 
  ・例大祭地主祭り 5月5日  神幸列 本殿前出発 午後1時~
                    祭典 本殿にて午後2時頃~
 
 
★それぞれのお祭りについて簡単な説明と写真をHPで公開しています。
  興味のある方は、そちらもぜひご覧下さい。
  京都地主神社HP:http://www.jishujinja.or.jp/
   INDEX→年中行事
 
 
▼神様の基礎知識—カミダス
   ◇原初の神々 その1 
 
 世界の神話や伝説、神への信仰に不思議な共通点がみられる
 ことが、少なくありません。そうした信仰一つに、蛇への信仰
 があります。古代エジプトで蛇が権威の象徴であったり、
 マヤ文明など、非常に古い時代、世界の各地で蛇への信仰が
 あったといわれています。
 
 古代日本の各地でも蛇への強い信仰がありました。
 沖縄、奄美や宮古島などにも蛇に関する伝承が数多く残されています。
 これらの伝承と、奈良の三輪の蛇信仰に共通点がみられたり、
 三輪と諏訪の蛇信仰にも関連があるとされます。
 
 現在でも、蛇信仰の名残が神道の儀式には残されています。
 たとえば、しめ縄の形は蛇の交尾を象ったものではないかとする説が
 あります。蛇をカカシということがありますが、田んぼのカカシも元は蛇信仰
 に由来する山の神であるともいわれます。
 
 蛇に対し、おそらく良いイメージをお持ちの方は、少ないと思います。
 しかし一方で、蛇をヌシとして殺生を慎んだり、蛇が脱皮した皮を
 金運のお守りとして、財布に忍ばせる方もおられるでしょう。
 世界各地に広がる蛇への信仰、また蛇に対する嫌悪と畏敬
 こうした信仰のありように、私たちの原初の宗教観、あるいは
 信仰のあるなしにかかわらず、すべての人の深層にある神への
 観念を見て取れるのではないかと思います。
 このお話をもう少し続けたいと思います。
 
 
 ★前回の内容については、バックナンバーでご覧下さい。
http://www.jishujinja.or.jp/jishuHP/mailma/mailma.htm
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000075839
 
 
▼「季節の絵はがき」春バージョンに 
 
 地主神社HPご利益ページ「季節の絵はがき」のコーナーが、
 春バージョンになりました。どうぞご利用ください。
 http://www.jishujinja.or.jp/cgi-bin/greeting/card.cgi
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
〇編集後記
世界の伝染病の元は家畜放牧の文化から発生し、放牧のための森林伐採
がさらにペストなどを蔓延させた・・・。鳥ウィルスが京都府でも検出されたと
のニュースで、そんな話を思い出しました。世界各地で不気味に発生する
鳥ウィルスですが、現代文明社会への警鐘でしょうか。ただし鳥ウィルスが
人に感染したことはないとのことですので、冷静なご対応を・・・。(I)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

京都地主神社だより~平成16年3月号~|メイン